タイ警察、「韓国のマッサージ店に就業すると強制売春される」と国民に注意

タイトル通りの、悲しいエントリーです。

韓国で就職できるとタイの女性たちを誘惑し、韓国に送って売春を強要する組織が検挙されました。さらに、これが初めてでもありませんでした。タイ捜査当局は、タイ国民に「韓国でのマッサージ就職は売春だ。騙されるな」と注意報を出しました。

以下、ソース記事から部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・19日、タイ「日刊ザ・ネーション」によると、法務部傘下の特別調査局(DSI)のプラシット・ウォンムオン局長は「韓国で(外国人が)マッサージ師として働くことは違法である。タイの女性たちは、SNSを利用して、罪のない人を誘い出す犯罪者が存在することを知るべきである」、「このような過程を経て、韓国に行った女性は、パスポートを奪われ、犯罪組織員たちに24時間監視されることになってしまう」、「このため、タイの女性は、韓国内の就業を餌にしているSNSメッセージを注意しなければならない」と発表しました。

DSIの今回の警告は、最近、就職などを掲げて、現地の女性を募集して韓国に送った後、売春させるケースが後を絶たなかったからであります・・>

http://v.media.daum.net/v/20171119094702963?rcmd=rn

 

これは、タイだけではないと思います。悲しいことです。

しかし、「韓国で外国人がマッサージ師で働くのは違法だ」とは、これもまた驚きです。歯科医師だった頃は、どうしても腰が疲れて、1~2ヶ月に1回はマッサージを受けました。いや、怪しい店じゃなく、ちゃんと昼に営業するところでした。

でも、そんな店ですら、外国人(9割は中国人)マッサージ師しか見たことがありません。じゃ、あれは全部違法だった、ということでしょうか。

 

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

176+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5