韓国「日本マスコミが約束でもしていたように韓国を批判している」

昨日もお伝えしましたが、韓国側の反応を一言でまとめると、「教えてやったのに」です。

寛大な「兄」韓国が、ココロノコモッタ謝罪をすれば許すと教えてやったのに、邪悪な弟の日本は批判ばかりしている、と。

曇りすぎた見解かもしれませんが、率直にそういうニュアンスです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

チャンネルA(東亜日報の総合編成チャンネル)の報道です。

<日本のメディアが、まるで約束でもしていたように韓国政府に向かって一斉に砲門を開いた。

東京新聞は「慰安婦合意が事実上無効化された」と批判し、読売新聞も「外交常識に反する欠礼で両国関係が破綻することもありえる」と指摘した。

毎日新聞は、「今回の発表は、韓国政府のアキレス腱になるだろう」と主張した。

ムン・ジェイン大統領の新年記者会見を、事実上の合意無効だと判断し、正面から反発しているわけだ・・>

http://v.media.daum.net/v/20180110193641826?rcmd=rn

 

合意無効(不履行)宣言だと見られて当然ですけど・・・

もし日本側が、「再交渉もしないと言ったし、じゃ韓国は着実に履行すると宣言したと見ていいよね?」と記事を書いたとしても、

韓国側は「日本のマスコミが約束でもしていたように韓国を批判している」と同じ記事を書いたでしょう。

「日」本の「反」対側にいればいいだけの、簡単な仕事です。

 

 

最近、更新が鈍くなっておりますが、今日も更新はこれだけです。税理士さんの方にも行政書士さんの方にも、もう必要な書類や資料などは用意できたので、明日からは普通に更新できると思います

 

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

241+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5