文大統領の娘、極左政党の党員だったことが明らかに

予定に無かった簡易更新です。

文在寅大統領の娘、ムン・ダヒェ氏(35歳)が、従北といわれる極左政党「正義党」の党員であることがわかりました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

この件を深く突っ込むつもりはありません。本人の意志が重要でしょう。

でも、問題は、「時期」です。

彼女が党員になったのは、大統領選挙が終わった後だそうで、そこが気になります。彼女はすでに「大統領の娘」という身分で極左政党の党員という道を選んだわけですから。

http://v.media.daum.net/v/20180129060134948?d=y

 

いつだったか、「文在寅氏は大統領という立場上、言いたいことが言えないこともある。それを補佐するのが正義党の役目かもしれない」と書いたことがありますが・・・そんな繋がりでも作りたかったのでしょうか。

 

正義党となると、どうしても「正民会」という組織を思い出します。「正しい民の会」というネーミングからわかるように、韓国社会でよく見られる「私たち以外は間違っている」を主張して自分たちの正しさを強調する、そんな集団でした。彼らの何よりの目標は軍事政権を倒すことで、後に日本との基本条約の見直しなどを党の目標として表明しました。そのあと、「正義党」と改名して大統領選挙にも候補を出したりしたものの、当時としては支持が集まらず、70年代に消滅しました。

同じ名前なのが偶然なのか、それとも必然なのかはわかりませんが、その軍事政権の中核だった朴正煕氏の娘を徹底的に敵視することで存在感を増した、いまの正義党。普通に北朝鮮との連邦制統一や基本条約のやり直しなどを要求している政党です。

現在の正義党は2012年に作られた極左政党で、韓国では「唯一の左派政党」となっています。共に民主党ぐらいではもはや左派とも呼べないみたいで・・(苦笑

 

NEW「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります!

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

 

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (0)

“文大統領の娘、極左政党の党員だったことが明らかに” への30件の返信

  1. 数年後には、此れを理由に逮捕されるんでしょうかね?。
    今は、その時が来るのを、ひたすら待っている感じですかね?。
    (保守派は?。)
    そんな日が来る前に、統一して仕舞うんですかね?。
    統一出来なければ、地獄が来ると言う事ですかね?。(笑)
    その時、日本への亡命は断固拒否します。
    中国へ行って下さい!。
    明博への対応次第で、韓国国内で余生を過ごす可能性も有るんじゃ無いかと?。
    解りませんが?。
    曖昧も政治の治ですかね?。

  2. 大統領の娘が左派政党の党員でも合法的な政治団体であれば、糾弾される事ではないと思いますが。韓国での左派や極左の定義がよくわからないですが、日本で極左というと非合法ではないけど、公安警察に監視されている、合法ギリギリの暴力革命を目指す団体を思い浮かべます。政党ではなく政治団体ですけど。

  3. シンシアリーさん、党員だったことが明らかに、です。
    どうして(は)じゃなく、(が)なのか、理由を説明したいのですが、いい考えが思いつきませんでした。

    1. 横から失礼致します。
      「が」「は」の使い分けの一つとして、
      「が」・・・相手が初めて知る情報の時には「は」ではなく、「が」になります。
      例)
      道を聞いてきた人に『もう少し先にビル(が)あります。そこを右に曲がります。』

  4. 元記事のコメント欄共感数トップのコメがいいね!30000越えですな、文政権のアカ化というか共産主義化が早すぎて反発が激しくなった感じですかね
    北朝鮮に対する爆撃から危機感を持った日和見主義者によるクーデターでもないかぎり共産主義化は確定だと思いますが・・・

  5. どこまでが本人の意志なのかも怪しいところですね。
    おそらく甘い汁が吸えないかと虫のように集まった連中に
    唆されて担がれただけってパターンが一番ありえそう。
    そうして形成された集団は権力と汚職が不可分になります。

    現大統領はパク様を見習って身内と距離を置くべきでしょう。
    娘自身に父親の足を引っ張る意志が微塵もなかったとしても
    周りの人間がなんかやらかすのを止められないでしょうから。

  6. 北朝鮮による南北統一が薄っすらと見えてきました。
    米国がそれを許すかどうかが、統一できるか否かの重要なポイントでしょう。
    日本にとっては、もうどうでもいいというのが、今の認識ではないでしょうか。

  7. 従北と極左との関連がよくわかりません
    極左は平等な社会を作り支配層を排除しようという思想だと思うので
    北朝鮮の金正恩の独裁とは違うと思うんです、そう考えると極左で従北は成立しないと思うんですけどどうなんでしょう。

    1. それは理想の話で、実現のためには独裁にならざるを得ないのは内緒です。

    2. 民主化前の韓国の支配層が、軍部(反共)+財閥なので、その反対勢力ということ。
      日本のサヨクだって言論統制の共産圏を信奉しながら「リベラル」を名乗っていたし。

      あと、極左などの理想主義者は、その目的(例えば支配層の排除)を達成するためには、力を結集する必要があるので「一時的に」正しい人間が独裁するべきだという論法をとります。

      問題は、一旦独裁権力を握った人間は絶対に手放さないということ。
      正しい人間が独裁するということは、間違っていると指摘されると権力を失い、正しいと嘘をついた罪で粛正されることを意味するので、指摘されないように言論統制を行い反対勢力を粛正します。

      ソ連も中共も北朝鮮もそうでした。
      理想主義に円滑な権力の移譲はありえない。
      よく共産主義の理想は評価するという人がいますが、政治に理想を持ち込むことこそが諸悪の根源。現実的な妥協(保守主義)こそが政治の本分。

    3. 極左はプロレタリアート独裁なんですよ。

      その結果は、ベトナムにしろロシア革命にしろ、文化大革命にしろ、反革命勢力の粛清にしかなりません。

    4. 極左→一党支配→党内は極端な階級社会→国家社会も極端な階級社会制度→独裁体制→粛清支配。
      従北→金体制を礼賛→独裁体制賛美。
      同じ穴の狢です。

  8. 「従北」って、
    韓国では少しだけ宗教的な信仰みたいなものがあるもんかもね。
    理性的に考えれば、全く理解が出来ないw。

コメントは受け付けていません。