新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」のご紹介

こんにちは。シンシアリーです。

おかげさまで、また新刊をご紹介できること、実に嬉しいかぎりです。

2月23日発売の新刊、『人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~』です。なにか楽なのかは、ちょうど昨日のエントリー「疲れる社会」にて、「疲れる」の反対概念であると、書いたとおりです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

本文にも同じ趣旨の内容がありますが、いままで書いてきた本は、私なりの日本論を加えたものの、全てが「韓国論」でした。

いつだったか、私が自分のことを「場違い」と言ったことを、読者の皆さん、覚えておられますか。

私の在留資格は「著述家」です。「日本住在の韓国人著述家」です。もう「韓国住在の韓国人歯科医師」ではありません。

「韓国論しか書けない著述家が日本で作家活動をすること」と、「日本論『も』書ける著述家が日本で作家活動をすること」は、あまりにも大きな差があります。前者は、これもまた「場違い」です。

そんな私が書いた、初めての日本論が、本書です。自分なりの韓国論を加えたものの、「日本論」です。

 

以下、「はじめに」から引用いたしますと:

<・・最近、「リセット」だの「希望」だの、「今の日本」を否定しようとするフレーズがこの国、日本に溢れています。リセットは過去をなかったことにしてやり直すものであり、希望というのは、最悪の状況にあっても、最後の最後に残るものです。今の日本に、そんな言葉が相応しいのでしょうか。日本に問題があるとして、本当にそれはこの国、日本を全体的に否定しなければならない問題なのでしょうか・・(中略)

・・そんなことを言う人たちに対し、「それは違う」と、自分なりの説得力を持つて反論することはできないのか。本書は、そんな私の願いがかなった、一つの形です・・>

そんな本となります。本文の後の「著者関連のお知らせ」にアマゾンリンクがございます(※まだ表紙画像はありません。後でUPします)

 

いつも同じことばかり申していますが、今回も他の言葉が思いつきません。

「ありがとうございます」。

シンシアリーは、ブログも本の執筆も、これからも、頑張ってまいります。

 

2月7日、表紙と内容紹介を別のエントリーにまとめました。

「人楽・日本」の内容紹介

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が2018年2月23日に発売です!

「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (0)

“新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」のご紹介” への81件の返信

  1. こんばんは

    新しい本の発売を楽しみにしております。
    いつも通り近くの書店で購入します(^^)
    両隣の県は発売日当日には店頭に並びますが、私の住む県では、何故だか予約していても発売日より1日遅れでの入荷です。
    待ち遠しいです!

  2. 上梓おめでとうございます。
    書店で手に取るのが楽しみです。

  3. 前作からの路線を更に踏込むものと思う.ただ外国人による日本論は古くから色々とあるからなぁ,シンシアリー氏の新たな切り口に期待してみたい.

    ベネディクトさんのを紐解いたのは学生の時だった.日本人経験が20年足らず(笑)だったが違和感を強かった.近年では英国人の新書版を手にした,一つの見識として了と思えた.

    日本人が自身を見直すツールとして,異邦人の目を借りるのは意味があると思う.しかし出版物としての商業性を意識しすぎるなら,虚ろな目となってしまうだろう.

    このバランス感覚と視点,語り口がシンシアリー氏の作家としての存在を位置づけると思うが,感じ方は読者の数だけ異なる.

    日本語で書かれた韓国人による日本論,これに注目する韓国人は幾人現れるだろうか.講義室の男の人にも感想を訊けたなら興味深いだろうねぇ

  4. 新しい本、楽しみに待ってます。
    シンシアリーさんの本は、紙で読みたくなる文章ですから。

  5. 日本人(日本社会)の本質は、正しい意味での保守主義です。

    「保守」とは良い状態に保って守ること。
    環境がそのままなら伝統を守ればいい。しかし環境が変わって今の状態が悪くなれば向上心を持って変革する。
    伝統とはそういう変革の積み重ね。変革して良い状態にした賢人達の知恵が詰まっているから伝統を尊重して漸進的に変えて行く。

    この保守主義は、外敵による強制リセットがある地域では成り立ちません。
    成り立つ地域でも、理想主義の対極にあるから主義や思想として確立しません。 (フランス革命を見て、イギリスで確立したのが近代保守主義。)

    でも、例えば憲法九条はそのままに自衛隊を運用してきたのは保守主義の現れなのです。
    そろそろ厳しくなってきしたが。

    1. 率直に言って、わたしは日本ほど保守から遠い国はないと思うんですよ。古代の遣唐使の時代から、明治維新もそうですね、戦後の歩みもそう。
      他のアジア諸国と比較して、日本が改革に不熱心だった時代はなかった。

      それがために日本は先へ進み、中国韓国は遅れた国になった。
      日本で革命が起こらないのは、日本人が改革を好む民族であるから、革命の必要性がなくなるんですよ。

      1. 先進と保守が両立している国だと思いますよ。

        町を見てもそう。すごく古いものと最新技術が混在しています。

        中国の文化革命の破四旧運動のように、
        旧思想、旧文化、旧風俗、旧習慣を打破するとして
        歴史的な文化遺産を破壊することなく、
        過去の上に現在がアリ、それを元に未来は作られる。

        として 過去を悪いものとし、否定したりはしなかった。
        ご先祖様の苦労があるからこそ、今の自分がある。
        そのご先祖様の苦労を、貧困でみっともないだの
        かっこわるいだのと、否定しないからこそ、大切に保存するわけです。

        中国の場合は、多くの民家に代々伝わってきた家宝も一掃され
        器、宝飾品、書画の類いを焼いたり、古いもの=悪いもの
        として破壊しました。たんに古いというだけで。
        そのくせ、肝心の政治については
        清朝時代の「全国統治方式」を現在までも踏襲しているという。
        行政のトップは、出身地から遠ざけて、地方を転々とさせ、
        地元の人と仲良くさせないように、気をつけることだそうです。

        中央に逆らえないようにするために、地方の行政官と地元民が
        仲良くならないよう人事を決める。
        中国政府がもっとも恐れているのは、武力による独立ではなく
        自由主義や民主主義を浸透させ、共産党政権を除去する
        「和平演変(ホーピン・イエンビエン=平和的な政権転覆)」だそうで、中国の場合は、保守などではなく「保身」なわけです。

        日本が保守と先進が対立する事なく、混在できるのは、
        根底に平和と他人への信頼があるからこその芸当なんだと思います。

        1. 町並みに関しては、歴史のある場所ならもうちょっと
          保守的でもいいんじゃないかと思うことはあります。

          ヨーロッパとかなら規制とかしてでも景観を守ろうと
          するんだろうけど日本はその辺が緩いというか。

    2. 例えば野球のイチロー選手がプロとしてずっと現役でいられるのを停滞と見る人は少ないでしょう。状態を維持してプロとしてあり続けるために肉体の変化に合わせて、心の持ちようもトレーニングの方法も挑戦の連続だろうと思う。

      絵に描いたような理想ばかり並べて、自らの状態を省みない者がプロとして第一線に立つのは難しいでしょう。

      保守的であればあるほど現実的な改革が必要ですね。

  6. 都民の都議連への不信感こそが支持層の土台だったのに
    都知事の人は何がしたかったのか謎。とはいえ他に選択肢なく
    あれでも前都知事にくらべればマシなのだから贅沢は言えない。

    希望だのリセットだの、政治において指針が曖昧なのは
    多くの日本人にとってトラウマとなっております。
    マニフェストとかを連想するので生理的に気持ちが悪い。
    実際問題、大多数の予感通りに迷走しているようで。

    なにか気に食わないと感じたシンシアリーさんの直感は正しい。
    韓国人はそういうのに扇動されやすいから世相に対して
    不安感が募るのも無理はないでしょうが、今のとこ安易な
    改革路線に希望を見出そうという日本人は少数派なようです。

    ただ安全保障に関しては慎重より拙速こそが重要なことを
    多くの人が意識しなければならないだろうけど。

  7. 古本屋の100円コーナーで、大昔の日刊比較論系の本を買ったことがあります。紙は黄ばんでいて、相当古かった。前世紀の本で、まだ慰安婦問題がそれほど騒がれてない時代の本でした。
    内容は民族性(そんなものがあるのか疑問ですが)の違いに偏ったもので「韓国は自己主張が強く、は日本は空気を読む。それが大きな違い。世界的には日本人のほうが珍しい」という内容でした。昨今、そんな内容で満足する人はいないでしょう。

    数年ぶりにアジアの都市に行くと、変化の速さにびっくりします。
    もちろん日本も韓国も変化しています。比較する切り口によっても内容は全く違うものになるでしょう。

    シンシアリーさんの切り口によるup to dateな比較を楽しみにしています。

  8. 別に「凄いですね〜日本」なんて思って無いですよ。

    韓国は韓国
    日本は日本
    其々目指す国のあり方があると思っているだけだったりするだけですがな〜

  9. 日本人による「日本はすごい」論は弊害が多いと思います。私は最近デービッドアトキンソンさんの著書読んで納得させられました。シンシアリーさんの新著がどんな内容かわかりませんが、日本人は志をもっと高く持って前に進むべきです。とにかく日本人の「日本はすごい」は後退もしくは良くて現状維持です。

    1. 日本はすごい論はダメ!って主張を毎回しにくる人がいるんだけど、それってマスゴミに刷り込まれた自虐歴史観でしょうよ。

      1. 日本スゴイ本もピンキリなんでしょうけど
        基本的に紙のキャバクラと思って読むべきだと思うのです
        金払った分だけこっちをヨイショしてくれるのだ、と

        1. 先入観をもって見る必要はないと思いますけど。
          客観的に見て判断すればいいだけでは?
          もちろん、フェイクも入っているでしょうが、それはどんなものでも当たり前。

  10. 韓国は半島国家だから、別の半島国家と比べるしかないのでは?

    島国と半島では違って当たり前だと思います。

コメントは受け付けていません。