北朝鮮「韓米合同軍事訓練は受容できない」

平昌冬季オリンピック閉会式に参席するために韓国に来た金英哲氏など北朝鮮側の人たちが、「韓米連合軍事訓練が予定通り行われることは受容できない。軍部の反発が強い」と話したことがわかりました。

いままで会談の内容は「~の関係者によると~」という情報ソースで「対話対話」なものだけでしたので、それらよりは信憑性があると思います。韓国与党の会議で出てきた内容ですから。

ただ、この情報も、会議そのものが非公開会議だったため、この内容をマスコミに話した人の名前までは明らかではありません。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・チョ・ミョンギュン統一部長官とイム・ソンナム外交部第1次官は28日、共に民主党の非公開外交統一安保諮問会議で、キム・ヨンチョル労働党副委員長など北朝鮮代表団との接触の結果を説明し、(合同訓練を受容できないという)このように話したと複数のと会議参加者たちが伝えた。

与党会議参加者によると、政府は、「(一回延期された)韓米連合軍事訓練は予定通り行うしかない」という意味を伝えた。北側は「そうなる場合、軍など内部の反発があり、受容できない」という趣旨で答えた。これと関連し、マーク・ナッパー駐韓米国大使代理はこの日、「韓米連合訓練の再延期の可能性はない」と断言した・・>

http://v.media.daum.net/v/20180301023051187?d=y

 

いつものことですが、「態度をはっきりしろ」と言われている韓国、文たん。

さて、どうするのでしょうか。このままだとオリンピックでの「接待」が全て台無しになるかもしれません!(文氏を襲うものすごい緊張感

 

↓3月3日の産経新聞に広告が載ります!

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

124+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5