SBS「朝鮮半島の繁栄のためには私たちの力で日本を正すしかない」

文在寅氏の31節演説を、韓国社会は絶賛しています。

地上波放送SBSは、文氏が日本批判を強めたことに対し、「日本に対する警告」としなら、次のように分析しました。

「韓半島(朝鮮半島)の平和と繁栄たる目標を達成するためには、日本の誤った認識を私たちの力で正さなければならない」。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・我々は、3.1運動という巨大な根をもとに、解放と国民主権を成し遂げた。この過程で、日本の帝国主義侵略という厳しい試練を経験した。そして経済発展と民主化を成し遂げた今、南北・北米対話で、朝鮮半島の恒久的な平和構築が切実な状況で、再び日本の妨害に直面した。日本は地理的にも歴史的にも、北東アジア共同体でしかない。朝鮮半島の平和と繁栄たる目標を達成するためには、日本の誤った認識を私たちの力で正さなければならない、と(文大統領の演説を)要約することができます。日韓関係の通時的認識であり、処方であるわけです。

大統領府の関係者の説明も、このような解釈を裏付けています。文大統領の今回の3.1節対日メッセージと関連して「南北対話や米朝対話に制動をかけようとする(止めようとする)日本の動きに対する、迂回的警告」としての意味が込められたものだと言いました・・>

http://v.media.daum.net/v/20180302093001177?d=y

 

「私たちの力」って、韓国の力のことでしょうか。それとも、高麗連邦の力のことでしょうか。

 

 

↓3月3日の産経新聞に広告が載ります!

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

194+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5