李明博氏、検察に出席・・検察出頭した5人目の大統領に(※追記しました)

李明博氏が約100億ウォンの賄賂を受けとった「被疑者」として、検察に出席しました。

検察出頭し、いわゆる「フォトラインの前に立った」大統領は、これで5人目となります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

約1年前、朴槿恵氏が調査を受けた特別調査室1001号で、今回も徹夜で審問が行われるとのことです。

検察は李明博氏が受け取った賄賂額が110億ウォンに達すると見ています。他にも、国家情報院特殊活動費と関連して李明博政権時の大統領府総務企画官が二人、大統領政務首席、大統領府付属室長、大統領府民政秘書官などが賄賂を受け取ったとされており、李明博氏だけでなくその側近たちも「殲滅」されました。

http://v.media.daum.net/v/20180314093556165?rcmd=rn

 

何度でも書きましょう。「上と下が入れ替わるだけの歴史」。それが韓国です。

記事の「5人」は、全斗煥氏、盧泰愚氏、盧武鉉氏、朴槿恵氏、李明博氏のことです。

他にデモで追い出されて米国へ亡命した人が1人、2回の軍事クーデターで追い出された人が2人、部下に暗殺された人が1人、検察調査の前に自ら命を絶った人が1人。

国家財政破綻マン1人、北朝鮮との首脳(首謀?)会談で反共精神ぶっ潰した人が1人・・いや2人かな?

 

※追記

聯合ニュースによると、「検察は、再召喚せずに拘束令状(逮捕令状)を出すと決定してある」とのことです。審問も終わっていないのに、展開が早くて退屈しませんね(苦笑

http://v.media.daum.net/v/20180314095414158?rcmd=rn

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

138+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5