トランプ大統領、「在韓米軍の撤収」を示唆

日本側でも報道されていますが、トランプ大統領が駐韓米軍の撤収を示唆しました。もちろん公式的なものではありませんが、大統領自らこのような発言をしたのは、注目にあたいすることです。トランプ政権になってから初めてのことでもありませんが・・

日本語ソース(産経新聞)「トランプ氏、在韓米軍撤退を示唆?貿易赤字問題めぐり「暴言」で支持者へアピールか」

http://www.sankei.com/world/news/180315/wor1803150045-n1.html

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

これを「通商」に関するもの、とする見方が多いようです。ですが、一部では米国が「北朝鮮問題のカードとしても駐韓米軍撤収を考えている」という指摘もあります。

「アジア経済」は、このように報道しています。

<・・ベノン元首席戦略官は昨年8月、「アメリカンプロスペクト」とのインタビューで、「中国が北朝鮮の核開発を凍結させ、検証可能な査察を保証すれば、米国はその対価として、朝鮮半島で在韓米軍を撤収する内容の交渉を検討することができる」と述べた。北朝鮮の核及びミサイル凍結と駐韓米軍撤収を対等交換することができる核爆弾級の発言だった・・

・・ブルッキングス研究所のトーマス・ライト首席研究員は9日、「アトランティック」寄稿にて「北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)廃棄を見返りに駐韓米軍撤収を要求すると、交渉としての自我が過度に強いトランプ大統領がこれを収容することもありえる」と分析した・・彼は米国の軍事専門誌「ディフェンス・ワン」の最近の寄稿文でも「トランプが特に韓米同盟に批判的である」と指摘した。トランプ大統領が同盟国への攻撃を米国に対する攻撃と同一視していた米国の伝統的な外交安保路線から離れようとしているというのだ・・>

http://v.media.daum.net/v/20180316111334222

 

支持者たちに言ったのか、韓国に言ったのか、それとも北朝鮮に言ったのか?

この前の北朝鮮の米軍撤収主張(昨日のエントリー)に関する、トランプ大統領の「返事」の形だったのではないか・・・な気もしますが、拡大解釈は警戒すべきでしょう。

 

しかし、トランプ大統領と文在寅大統領の制作にここまで一致する政策(在韓米軍に撤収してほしい)があったとは、驚きです。

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

151+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5