南北首脳会談・共同宣言文(板門店宣言)・・「非核化を目標」、でも具体案無し

南北首脳会談が、「午後の日程を予定より短くして」終わりました。共同宣言文が発表されたので、紹介します。いわゆる「板門店(パンムンジョム)宣言」です。

・今年中に終戦宣言をする(これ以上戦争は無いと明言)

・秋に文大統領が平壌を訪問

 

(ここから「続きを読む」の後になります)🐷🐷🐷🐷🐷

 

・民族が~平和が~(大して意味のない言葉がいっぱい)

・韓国も北朝鮮も段階的な軍縮を行う

・離散家族の再開、(鉄道を復元しての)経済協力など

・敵対行為中止、非武装地帯を平和な空間にする

・『南と北は、完全な非核化を介して核のない朝鮮半島を実現するという共通の目標を確認した。

南と北は、北側がとっている主動的な措置が朝鮮半島の非核化のために非常に意義のある、重大な措置だというのに認識を共にして、今後、それぞれ、自己の責任と役割を果たすためにした。

南と北は朝鮮半島の非核化のための国際社会の支持と協力のために積極的に努力することにした。』

 

「完全な非核化」という言葉が出てきたことだけが成果といえば成果ですが、その具体的なアクションはまったくありません。

もっとも気になるところは、最後の『~』の部分ですが・・・ここ、宣言文からの直訳ですけど・・・「南北が」ではなく「南と北は、北側が取っている主動的な措置~」のくだり。これは、韓国が北朝鮮のやりかたに一方的に賛成するという意味になるのでは?

それって、ひょっとして20日の朝鮮労働党総会で宣言した「核軍縮」のことでしょうか?

もしそれなら・・・・ダメでしょう。どう考えても。

 

9時からPCの前で複数のニュースサイトのリロード祭りだったシンシアリーは、ネタはこれだけかと謝罪と賠償を請求したい気持ちでいっぱいですが、どこにすればいいのでしょうか。

本エントリーの即時更新はこれで終わりです。皆さん、お疲れ様でした。

 

 

NEW 5月10日発売のVoice6月号に寄稿文が載ることになりました。なぜ韓国の大統領は不幸な結末になるのか?というテーマです。

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

170+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5