米国で英語で文在寅を批判する本を出した人に「法的責任を問うべし」

米国で「Gwangju Uprising Overthrown by Moon Jae-in's 5.18 Tear」という本を出版したKImDaeryeong(筆名)という人に対し、韓国で「法的責任を問うべきだ」という主張が相次いでいます。

本を書いただけなのに、本件を紹介している記事が最初から最後まで「法的責任を問うべきだ」という内容に終始しているから、驚きです。

聯合ニュースの記事を部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<昨年の5・18民主化運動記念式を「涙のショー」と蔑視した匿名の著述家「キム・デリョン」に法的責任を問うことができるのか注目される・・

・・5・18財団はキム・デリョンというペンネームで活動するこの人物の歴史歪曲の民・刑事上の責任を問うため、数年間彼の所在を追跡してきた。

財団は、彼が韓国系在米僑胞である可能性が大きく、身元を明らかにしても「イテウォン殺人事件」の事例のように、国内の裁判所に立てるまで複数の制約があるだろうと予想した・・>、と。

http://v.media.daum.net/v/20180505130430182?rcmd=rn

 

本には、「518は北朝鮮軍による暴動だった」などのよくある話だけでなく、「文在寅氏が518の時に率いたデモ隊が、警察を殺害した。それが戒厳令拡大の理由だ」などの内容まで書いてある、とのことです。

本当かどうかを離れて、それを証明するにはかなり具体的な証拠が必要なはずですが・・何を根拠にそう書いたのかまではわかりません。

 

・・しかし、内容がどうであれ、「とりあえず訴える」を前提にして話が進んでいるのは、驚きです。

ひょっとすると、どっかの団体がシンシアリーを追いかけているのかもしれませんね。怖っ。

 

 

NEW 5月10日発売のVoice6月号に寄稿文が載ることになりました。なぜ韓国の大統領は不幸な結末になるのか?というテーマです。

 著書関連のお知らせ 

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

168+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5