韓国紙「日本がまた危機を煽っている」

「日本は蚊帳の外」を主張していた韓国ですが、それは「日本が北朝鮮の制裁を解除するだろう」という目標のためのものです。

「偉大なる朝鮮半島の新しい歴史に私たちも仲間に入れてください」と泣きつく日本が見たかった、という心理もあるでしょうけど(笑

でも、日本は変わりませんでした。対話の可能性も開けておきながら、米国と歩調を合わせています。

すると、韓国マスコミの論調がまた変わりつつあります。「日本がまた朝鮮半島の危機を煽っている」というのです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<河野太郞日本外相が、朝鮮半島有事の際に備え、海外滞在自国民に緊急情報案内を受け取ることができよう、外務省関連サイトへの登録を要請したと共同通信が7日伝えた。報道によると、河野外相はこの日の参議院決算委員会で、「朝鮮半島有事の際、正しく対応できるように努力する」と述べた。

河野外相のこのような発言は、南北首脳会談に続き、北米首脳会談開催を控えた中で出てきたものである・・(略)・・日本政府は、以前にも、朝鮮半島有事の際の対策を強調してきたが、危機論を煽るという指摘が提起されたことがある・・>

http://v.media.daum.net/v/20180507192538404?rcmd=rn

韓国側の記事によくあることですが、「『誰が』危機を煽ると指摘した」かは書いていません。

 

いや、この記事をエントリーしたのは・・「日本が危機を煽っているとかいい出すだろうな」と思っていたら、その通りだった・・という脱力系な理由です。

昨日も書きましたが、今必要なことは「不信」かもしれません。北朝鮮という存在を決して信用せず、疑ってかかることが必要です。

慌てて制裁を解除したりする必要はありません。

朝鮮半島が平和になって、北朝鮮が完全無欠な非核化になって、北朝鮮が拉致被害者などの案件で再び日本と(まじめに)話し合うことになって・・

そんな肯定的な結果を「嫌がる」人は誰もいません。一つ前のエントリーで書いた新刊にも、散々イヤーンな内容を書きましたが、「本書の予想が外れすのはとてもいいことです」とも書きました。

でも、希望も絶望も、過ぎてしまうと人をダメにします。

確実な結果が出せるまでは、適切な不信を維持する。それこそが、朝鮮半島問題に対するもっとも適したアクセス法でありましょう。

 

 著書関連のお知らせ 

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

 5月10日発売のVoice6月号に寄稿文が載ることになりました。なぜ韓国の大統領は不幸な結末になるのか?というテーマです。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

155+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5