韓国紙「外国人観光客が増えて日本がメンタル崩壊」

中央日報が、「安倍の観光政策のせいで日本がメンタル崩壊」という趣旨の記事を載せました。

日本の外国人観光客が3000万人に近い数字まで増えたけど、それは数字だけを優先した安倍の観光政策のせいで、外国人観光客が増え過ぎで日本人たちに迷惑が及び、メンブン(メンタル崩壊)状態だ・・

「迷惑外国人観光客に、日本全体が疲弊」、「京都、鎌倉住民極度のストレス訴え」、「迷惑をかけないことを大事にする日本人だけに衝撃大きく」、「観光分散のない数字埋め式政策が原因」、という内容です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

外国人観光客による迷惑が大きくなっているという指摘は、私もその通りだと思っています。わたしが「そういうの」を気にしているから、特にそう感じます。

ただ、この記事には無数のツッコミ名所(観光名所にちなんで)があります。

その「外国人観光客」の中の700万人が韓国人であることが、まず気になります。

そして、日本の観光は、「地方都市も外国人観光客が訪れる」という意味での「分散」では韓国より断然良く、韓国側のマスコミも「韓国は外国人観光客がソウルと済州島に集中しすぎる。日本を見習うべきだ」と記事にしています。訪韓外国人観光客の98%がソウルか済州島です(78%がソウル、20%が済州島)。

余談ですが、その韓国人も「分散」には応じないことで有名です。外国を訪れるときにも、とりあえず有名なところを訪れて認証ショット撮ることを最優先します。

http://v.media.daum.net/v/20180513020147695?d=y

 

いつものことですが『安倍政策が悪い』としたかっただけなのか、それとも一時はあんなに自慢していた「外国人観光客数」で日本に負けたのが悔しかったのか?

「観光客のマナー問題」には同意しますが、内容がこれでは説得力ゼロです。

 

最後に、前にも書きましたが、日本の旅行業界は80%が国内旅行で支えられています。基本は、「日本人に好まれるインフラ」を日本に作ることです。そうすれば外国人観光客も自然と増えるでしょう。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

アマゾン予約開始です!

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

 5月10日発売のVoice6月号に寄稿文が載ることになりました。なぜ韓国の大統領は不幸な結末になるのか?というテーマです。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

145+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5