一部で「北朝鮮が態度を変えたのはテ・ヨンホのせいだ」という動き

まだマスコミレベルで露骨な表現があるわけではありませんが(すでに個人ブログなどで露骨なものも多いですが)、米朝首脳会談の再考などを言い出すなど北朝鮮の態度の変化を「脱北者と太永浩(テヨンホ)のせいだ」とする意見が目立ちます・・・何も変わってないですが、韓国では態度を変えたという認識になっています。

脱北者の件テ・ヨンホ元公使のことは本ブログでも扱いましたので、マダの方はご一読を。

ノーカットニュースの記事から部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・(軍事訓練を非難したものの、実は別の理由もあるという趣旨の後)この日、北朝鮮の朝鮮中央通信は「マックスサンダー」訓練への非難と「最高の尊厳」、すなわち、金正恩委員長を冒涜する行為があったことを指摘した。通信は「南朝鮮当局が天下の人間ゴミ(※)までも国会に立たせ、私たちの最高の尊厳と体制を中傷し、板門店宣言を誹謗中傷するふざけたことを堂々と敢行、放置している・・>

※朝鮮中央通信は北朝鮮の人たちも視聴するためか、テヨンホ氏への名指しはありませんでした(名指しするとテヨンホ氏が韓国に行ったことがバレる)

<・・ヤン・ムジン北朝鮮大学院大学教授は、「北朝鮮は体制と尊厳を重視する特異な国」、「北朝鮮の立場では『テヨンホ元公使の記者会見や脱北者団体の対北ビラ散布などが板門店宣言の精神に反することで、ムン・ジェイン政府があまりにも消極的に対応することではないか』と問題を提起し、今後体制と尊厳を冒涜する行為は座視しないというメッセージを送信したものとみられる」と述べた・・>

http://v.media.daum.net/v/20180516101814027

 

じゃ、これからは尊厳(笑)たる金正恩に文句を言う内容は「板門店宣言違反」になるということですが・・・

韓国がこれを「この程度の批判も受け入れない北朝鮮が悪い」とするか、「板門店宣言に逆らう脱北者とテヨンホが悪い」とするか。

気になるところです。テヨンホ氏の身に何事もなければ良いのですが。

 

ここで大事なお知らせです。シンシアリーが久しぶりに1泊の旅行に出かけます。17日は更新がありません。18日の夜あたりに、久しぶりに「じゃぱんらいふ」の画像エントリーでも書いてみます。

それでは、行ってきます(明日の朝に出発ですが)!

 

「韓国人による罪韓論」は原稿の修正、チェックなども終え、もう発売を待つだけです。目次や画像などが正式に載ったら、もう一度ご紹介したいと思っています。

 著書関連のお知らせ ♨

アマゾン他で予約中です!画像はアマゾンリンクとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

 5月10日発売のVoice6月号に寄稿文が載ることになりました。なぜ韓国の大統領は不幸な結末になるのか?というテーマです。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

141+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5