トランプたん、ムンたんに「なんで話が違うのか」と聞いたん?

中央日報が「ワシントンが文在寅大統領の仲介外交に疑いを示している」としする記事を載せました。元ソースはニューヨーク・タイムズです。

<「トランプはムン・ジェイン大統領に「なぜ(文大統領が)金正恩と会った後に私に伝えてくれた個人的な壮談(壮語、NYT原文ではassurance)と、北朝鮮の公式談話の内容が相反するのか」と尋ねたと、土曜日(19日)の夜に電話をかけた」。

ニューヨークタイムズ(NYT)は20日(現地時間)、「ドナルド・トランプ米国大統領がかけた電話は、文大統領が訪米するわずか三日前に行われた」とし、「これは文大統領がワシントンに来るまで待てないという、トランプ大統領の「不快な心気(discomfort)」を示すという解釈が米政府の一部から出ている」と報道した・・>

http://v.media.daum.net/v/20180522004158784?rcmd=rn

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

相手が北朝鮮だから、言葉を変えたというのもあるでしょう。ただ、その北朝鮮のことで「壮語」したという文大統領、韓国側は本当にちゃんとした「仲介」をしたのでしょうか。一月、慰安婦合意検証について「韓国側が日本側にしたという事前説明の内容が、実際のものと違う」という疑惑をエントリーしたことがあります。それと同じパターンではないのか、という見方もできます。

結果のために手段と方法を選ばない。嘘をつく。それは一時は良い効果が出せるように見えるかもしれません。でも、その結果は決して長くは続きません。仲介とは、両方の「ありのまま」をつなげるほどの力が無いと、できるものではありません。

 

 著書関連のお知らせ ♨

アマゾン他で予約中です!画像はアマゾンリンクとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

 5月10日発売のVoice6月号に寄稿文が載ることになりました。なぜ韓国の大統領は不幸な結末になるのか?というテーマです。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

126+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5