韓国、2023年から人口減少か・・今年は「1.0」崩壊?

本ブログではあまり取り上げないテーマですが、韓国の低出産問題関連です。

韓国の合計出産率(合計出生率)が「1.0」を下回るのではないか、という分析が出ています。出生率そのものよりも、驚くべきはその減少スピードです。韓国の統計庁は、もともとは「2032年から」でしたが、「最悪の場合、2028年から人口減少になるかも」としていました。しかし、今年1~3月のデータから分析してみると、「このまま改善しないと2023年からは人口減少」とのことです。

聯合ニュースの記事から部分引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・先に統計庁は2031年に人口が5,296万人でピークに達した後、2032年から人口が減少すると見込みました。しかし、すぐにその時点を2028年に、なんと4年も早めました。当時、赤ちゃんを最も少なく産む状況を想定した合計特殊出生率が1.07人でしたが、昨年に1.05人まで下がりました。

現実は、最悪のシナリオよりも悪かったです。少子化が予想を超えてより悪化しているからです。今年第1四半期(1~3月)の出生児数は、はじめて9万人に及びませんでした。第1四半期の合計特殊出生率は1.07人で、通常、1月と3月に生まれる赤ちゃんが多いことを勘案すれば、年の合計特殊出生率は1(1人)が崩れる可能性もあります・・

・・人口増加の崖っぷちの韓国が、今年に経済不況を経験するだろうとの分析まで出てくる中、より根本的な対策が無いと、私たちの経済が根元から揺れる懸念の声が高まっています・・>

http://v.media.daum.net/v/20180525151440509

この件で「統一すればなんとかなる」という安易な意見も目にしますが、なんでここまで出生率が下がったのかを考えてみると、そうでもありません。

出生率が低くなるのは、先進国病の一つだと言われていますが、韓国が先進国病にかかるほど先進国になっているのか?というと、とてもそうは思えません。若い人たちに余裕が無い」以外に、これといった理由が見当たりません。財閥による経済支配と、政治家の無分別な経済政策が続いた結果でもあります。統一してから景気が良くなるとともかく、ほぼ間違いなく経済は沈滞するでしょう。その中で出生率が上がるとは、とても思えません。

ま、文在寅保有国ですから大丈夫でしょう。

 

 

「罪韓論」関連のお知らせ(米朝首脳会談関連)、「皆様へ」に移しました

 著書関連のお知らせ ♨

アマゾン他で予約中です!画像はアマゾンリンクとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

117+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5