北朝鮮「日本は朝鮮半島にかかわるな」

北朝鮮の労働新聞(朝鮮労働党の機関紙です)が今日付けで、「日本はすでに朝鮮半島問題につけ⚫いる資格も体面もすべて失った」としました。

⚫・・誤字を消した痕跡

本題はこちらではありませんが、ニューシースの記事から部分引用してみます。

「日本はすでに朝鮮半島問題につけいる資格も体面もすべて失った」、「日本が悪あがきをしても強固な平和と安定を志向する朝鮮半島と地域の情勢の流れが変わるわけではない」、「日本の安倍一味が、日本人拉致被害者問題を続けて言及し、国際社会に対北朝鮮制裁・圧迫維持を促している」、「朝鮮半島の周辺構図で排除された苦しい境遇を隠し、存在感を誇示するためだ。身代金を上げようとしているだけだ」・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・「安倍勢力は、朝鮮半島情勢の流れを対決に戻し、それを口実に憲法改悪と軍事大国化の野望を実現しようとしている」、「軍事演習は頻繁にしながら、私たちには圧力策動をしかけてくる。朝鮮半島と地域の緊張激化で漁夫の利を得ようとする汚くて凶なる心を持っているからだ」、「日本が子犬扱いされない唯一の選択肢は、自分の身の程をわきまえて行動を正しくすることだ」

http://v.media.daum.net/v/20180606113149341?rcmd=rn

 

言うまでもなく、ソース記事のコメント欄は「すっきりした」「自由韓国党の親日派どもが見たら口から泡がでるだろう」など、絶賛の嵐です。

・・・読んでみて私が真っ先に感じたのは、「韓国側のマスコミの主張とまったく同じだ」という点です。言葉遣いがちょっと違うだけで、なにもかも同じです。ブログでも罪韓論でも書いてきましたが、北朝鮮及び反日勢力が「日本パッシング」を主張する理由は、結局は北朝鮮への制裁を緩和せよ、という意味でしかありません。韓国側の、安倍総理がいわゆる「北風(北朝鮮問題で支持率を上げる)」戦略を使っているとする主張も、全て同じ流れに沿ったものです。

率直に、私は北朝鮮への経済制裁に「大きな効果があるのだろうか」とちょっと疑問でしたが、最近になって北朝鮮(と韓国マスコミ)が「日本パッシング日本パッシング」と騒ぐのをみて、確信が持てました。「ああ、かなり効いてたみたいだな」と。そして、その効果に焦っているのは、北朝鮮だけではなく、韓国も同じのようです。もうすっかり南北は「ウリ」ですからね(笑

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

+146

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5