盗難仏像、裁判所が「返しましょう。国内にはレプリカ作っておきましょうよ」と提案

例の盗難仏像、「銅造観世音菩薩坐像(以下、盗難仏像とします)」に関して新しい情報が入ったので、お伝えします。

<・・控訴審の裁判で裁判所が浮石寺(※)にレプリカを製作する方法を提案した。日本が略奪した仏像は、再び日本に送って、(韓国の)仏教文化の優秀性を知らせることができるという意味だ・・>

http://v.media.daum.net/v/20180615154509090?rcmd=rn

このように、裁判所は謎の陳述をしており・・・なところです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ご存知、検察側は「日本に返すべきだ」としています。浮石寺という韓国の寺が所有権を主張しています。その控訴裁判で、裁判所が「(本物は国外にあるけど)国内にレプリカを置いてる事例がある」、「浮石寺にはレプリカの仏像を作り、本物の仏像は日本に返して、私たちの仏教文化の優秀性を知らせるのはどうか」と提案をした、ということでして。

他にも裁判所は「千年万年経つと、新しく作った仏像も意味があるし、韓国と日本に双子の仏像が出来るじゃないか」、「技術も発達しているし」、「レプリカの製造は、文化財庁がやったらどうか」、「一人だけで(裁判官一人の考えだけで)こんな事は言わないよ。考えてみてほしい」・・と話したそうです。

浮石寺側は「それなら日本に文化財を返せということ自体が全て無意味になる」と、ビッグバンファビョっている、とのことです。

「返そう」と言ったことを成果と言えるかもしれませんが・・なんでこんなに見苦しいのでしょうか。裁判所はすでに「返すべきだ」ということを知っていて、それが言えない状態にある、ということですね。反日は法律より上、ということです。それを気にするから余計なことを言ってしまうし、さらに見苦しくなってしまう、と。案の定、コメント欄は「親日派裁判官め」と、非難の嵐です。

※浮石寺というと、一般的には韓国の慶尚道にある有名な寺のことです。たまに、日本人向け観光ガイドに載っていたりもします。でも、盗難仏像関連の浮石寺は、忠清道にある、まったく別の寺です。

 

 

NEW 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

+150

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5