韓国の民族主義とは、日本を憎むこと

昨日お伝えした「罪深き日本、統一まで妨害する気か」には、こんな内容があります。『この本を書きながら考えたのは、民族主義と統一だった。国民の精神に民族主義の熱風が吹くことなく統一できた国は歴史上、無い』、『私たち民族が日本にやられた歴史こそが、統一を前にした国民の胸に民族主義の炎を燃やせる触媒である』By著者(ホ・ムンド氏)。

書き直すと、日本人は絶対謝罪も反省もしないから、そんな日本を許さない正義の韓民族の民族主義が燃え上がり、その力で韓国は統一も成し遂げ、日本に勝つというのです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

さて、ここで、本ブログで紹介して大きな反響を頂いた「日本に核兵器を落とす小説が450万部売れました」エントリーにもありましたが、「南伐」の主人公、オ・ヘソンというキャラクターを紹介します。

オ・ヘソンは、在日韓国人です。彼は、「韓民族」というものには一切興味が無く、ただ不良として生きるだけでした。日本とか韓国とか、そういうものに対しても深く考えることもありませんでした。

そんな中、(ストーリー的に、日本がインドネシアで自作自演で大勢の日本人を殺戮し、それを名分に軍事行動を起こしたせいで、韓国もその戦火に巻き込まれて)戦争が起きます。

日本は、在日韓国人を隔離するため、強制収容所を作ります。そこに監禁された韓国人たちは虐待され、若い女性たちは慰安婦として性奴隷にされます。主人公の妹も受容所の幹部にあんなことやこんなことをされ、オヘソンの父も命を落とします。オヘソンはやっと「民族の敵・日本の本音」に気づき、死に物狂いで脱出、韓国で特殊部隊の一員となり、北朝鮮軍と共に(=一つの民族として)日本に戦いを挑むことになります。

この本のベースを作った人(原案を書いた人がいます)も、漫画を描いた人も、日本で暮らした経験はありません。

 

たまに、先の「韓国を強くする民族主義」とは、このオヘソンみたいな人を量産することだろうか?と思うこともあります。似たような主張は、かなり著名な教授、作家、元政治家の本から見つけることができます。

 

 

✏ 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

+136

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5