韓国、ワールドカップの応援で国旗(太極旗)が消えた

朝鮮日報の報道です。ワールドカップの応援やマーケティングなどで、太極旗(韓国の国旗)が消えた、とのことです。理由は、「特定政治勢力の象徴になったから、忌避されるようになった」、と。

<ワールドカップシーズンの「常連」が1人消えた。大韓民国の国旗、太極旗である。例年はワールドカップが始まる1ヶ月前から街には韓国サッカー代表チームを応援する横断幕や広告などで太極旗を見ることができた。TVや新聞でも、企業が各種のワールドカップ広告を出し、太極旗を強調した。しかし、今回のロシアワールドカップでは、ワールドカップマーケティング自体があまり振るわないこともあるが、関連広告でも太極旗が行方不明になった>

http://v.media.daum.net/v/20180623030234299?rcmd=rn

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

普通、こういう広告には、小さいものでも国旗が出てくるものだと思いますが。実際、韓国代表チームの予選初試合(スウェーデン戦)の総合日刊紙と経済紙11紙に掲載されたワールドカップ関連広告は合計14件で、「その中に太極旗が入った広告は一つだけだった」、「地上波3社の韓国戦TV中継でも、W杯関連広告の中で太極旗が出てきたのは1件だけ(同記事)」、とのことでして。

朴槿恵側(保守右派)を象徴するようになってしまって、忌避するようになったのがその理由だ、と朝鮮日報は分析しています。また、同じ理由で、韓国チームは前から「赤い」を強調していましたが、自由韓国党が赤い色を使っていることから、赤い色や「赤い悪魔(応援団の名称)」という言葉もほぼ無くなってしまった、とのことです。

国旗が、いつのまにか嫌悪される存在になった、ということでしょうか。過程はどうであれ、国旗・国歌を否定する勢力からみると、笑いが止まらない状態でしょうね。保守右派の責任のほうがもっと大きいとも言えます。自分たちの行動を省みず、国の象徴たる国旗を「自分たちの権利を主張するための武器」に使った結果でもあります。

しかし、あんなに旭日旗にコンプレックスを見せてきた韓国で、ワールドカップ応援から自分たちの国旗が消えるとは。枯れた笑いしか出ません。

 

 

※金鍾泌(キム・ジョンピル)氏が他界しました。本ブログ的にエントリーすることは無いと思い、このお知らせだけにします※

 

✏ 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

+145

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5