韓国を離れる「天安艦」生存者たち

北朝鮮の魚雷で爆沈した天安艦の生存者たちが、右派からも左派からも捨てられ、韓国を離れているという内容の記事がありました。

<天安艦の生存将兵58人は外傷後ストレス障害(PTSD)を経ながらも、政府と軍、社会のどこからも、真の慰めと助けを受けることができなかった。保守勢力にとっては利用され、進歩(左派)勢力からは敬遠された。軍隊は彼らに「英雄」という見かけの良い称号をつけた、その後「敗残兵」として扱った。社会的レッテルはなかなか剥がせない。職業軍人になって耐えようとするものの、結局は軍を離れる人もいる。韓国での生活に耐えられず、国を離れた人もいる・・>

http://v.media.daum.net/v/20180716081608122?d=y

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

生存兵の話だと、爆発の後には何がなんだか把握ができなかったといいます。この生存兵は、当時、兵役で海軍にいました。彼は、爆沈以外の可能性はありえないとしています(ハンギョレ新聞はいままで天安艦を「爆沈」ではなく「沈没」としてきたけど、この記事だけは彼らの意見を尊重して「爆沈」という用語を使っている、と前置きしています)。

誰かが艦長に「か、艦尾がありません(すでに真っ二つにされている)」と報告するのを聞いて、艦尾のほうを見たら本当に何も無くて、「え、本当に無い・・」と呆れたとも。状況が把握できなかったから何をどうすればいいのかもわからなかったし、これといってなにもできなかった・・単にパニックを経験しただけでなく、それがトラウマになっているようです。

 

当時から、政府は生存兵たちにこれといってアフターケアなどをせず、野党側やリベラル派は彼らの証言を目の敵にしました。結局、韓国を離れて外国に行く人たちも多いそうです。記事では直接言及していませんが、最近の「親北」の雰囲気に耐えられなかったのかもしれません。

しかし、記事の内容によると、フランスに引っ越した生存兵の一人は、知り合いから「おまえ、本当は沈没したのに爆沈だと嘘ついてんだろう」と真っ先に言われたそうです。

どこに行っても、韓国人と一緒にいるかぎり、この話題から彼らが自由になることはできないでしょう。

セウォル号被害者たちは、韓国に不満を言いながらも、韓国を離れる人はいません。しかし、天安艦の生存兵たちは、これといって不満も表明せず、韓国を離れ、それでも自由にはなれずにいるのですね。残念なことです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

123+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5