市民団体、金賢姫氏を告訴

大韓航空機(KAL858)爆破事件の金賢姫(キム・ヒョンヒ)氏が、市民団体から名誉毀損で訴えられ、警察が調査を開始しました。

前にも書いたことがありますが、韓国では遺族と市民団体が「KAL機爆破事件は全斗煥の自作自演」という主張を繰り広げています。

金賢姫氏は前から彼らを「親北団体で、民族に対する反逆行為をしている」などど批判してきました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・KAL858機の犠牲者の家族会・真相究明市民対策本部は、23日午前、ソウル中央地検に、金賢姫氏を情報通信網法上の名誉毀損、刑法上の虚偽事実摘示による名誉毀損、刑法の業務妨害の疑いで告訴状を提出した。

これらによると、金氏は、2008年10月から4回のマスコミのインタビューを通じて、対策本部を「親北性向の団体」「民族反逆者」と非難し、対策本部のKAL858機爆破事件の真相究明活動を妨害した。

家族会と対策本部は「私たちは従北左派、従北勢力ではなく、北朝鮮を擁護して代弁したり、利敵行為をしたことがない。民族反逆者でもなく、操作説を扇動したこともないと・・>

http://v.media.daum.net/v/20180726081954481?d=y

 

結果がどうなるかまではわかりませんが、これで金賢姫氏も言いたいことが言えなくなる恐れがあります。いつものことですが・・・もはや「市民団体」って、「特定政党に不利なことを言う人を名誉毀損で訴える団体」と定義したほうがいい気もします。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

97+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5