ヒョモ(嫌悪)

今日もヒョモ(hyeom-o、嫌悪)関連の記事が目につきました。

本ブログでも何度か取り上げたことがありますが、韓国ではこのヒョモが大きな社会問題となっています。今日の記事というのはニューシースのものですが、大学教授の言葉として嫌悪をこう説明しています。

「嫌悪は、弱者や少数者を苦しめても、彼らは私に対抗することができないという確信があるとき、可能である」、「結局、嫌悪は、この社会の細かい位階の序列(ヒエラルキー)から始まる」

https://news.v.daum.net/v/20180908095005405

どうでしょう。確かにそういう側面もあります。でも、それだけでは韓国の嫌悪は説明できません。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

その教授の見方は、簡単に言うと、上が下にやるのが嫌悪だとしています。どうでしょう。いくつかの極端な「甲乙問題」ならそれで説明できるかもしれませんが、でも、違います。韓国では、下も上を嫌悪します。乙も甲を嫌悪します。

青年が高齢者を嫌悪し、高齢者が青年を嫌悪します。男性が女性を嫌悪し、女性が男性を嫌悪します。右が左を、左が右を嫌悪します。そして、誰もがこう口を揃えます。「あいつが私にしているのは嫌悪だ。でも私があいつにしているのは嫌悪ではない」。

 

なぜこうなるのでしょうか?これを「上下、位階秩序の問題」だけで説明できるのでしょうか。韓国のマスコミが韓国社会の嫌悪を分析するときに起こす致命的なミスが、これです。

韓国社会の嫌悪は、異常なまでに双方向性です。加害者と被害者を分けるのが不可能なほど嫌悪が双方向性であることです。なのに、これを認めず「強い存在が弱い存在を嫌悪する」と分析する人が多すぎます。

 

いままで本ブログで書いた内容の中から、2つを組み合わせてみるといいかもしれません。

一つは、3月に紹介しましたが、ミートゥー運動で追い出された某教授の言い残したセリフにこういうものがあります。「ひょっとして、あなたたちは自分自身の恥ずかしいことを隠すために私の謝罪を必要としていませんか?」。

もう一つは、ついこの前に書いた、アリス・ウィートン氏の洞窟の話です。自分が嫌悪されないために、誰かを嫌悪するしかないのです。

こんな韓国社会のヒョモを、「甲から乙へ」なものと分析したところで、何の解決にもならないでしょう。甲へ向かう乙の嫌悪に、免罪符を与えてしまう恐れすら、あると言えます。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

(9月2日に)書店めぐりをしてきました。天気が思わしくなかったのでいつもより早めに帰ってきました。著述家として至福の時間でした。ありがとうございます!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

9/8 産経新聞に広告が掲載されます(半5段・新書合同)

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

129+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5