南北共同声明の内容(9月19日)※追記しました

南北共同声明の内容が発表されました。注目されているものだけ、紹介します。

まず、(マスコミの書き方にもよりますが)一部で「非核化の具体的なプロセス」と評価されているのが、以下の内容です。

<文在寅大統領と金正恩北朝鮮国務委員長は19日の首脳会談で、ドンチャンリ(東倉里)のエンジン試験場とミサイル発射台を、関係国の専門家の参観の下に永久廃棄するなど、非核化方案について合意したと発表した。

金正恩委員長は、米国が後に「相応の措置」を取る場合、ヨンビョン(寧辺)の核施設の恒久的な廃棄などの措置も追加で取るという意思も明らかにした・・>

https://news.v.daum.net/v/20180919120959380?rcmd=rn

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

寧辺の恒久閉鎖が「米国の出方次第」になっていることに注目しないといけません。

もしこれが、「北朝鮮がAをやる」→「米国がBをやる」→「北朝鮮がCをやる」→「米国がDをやる」・・・なものなら、賛否を離れて、具体的な非核化のプロセスだと言えるかもしれません。

でも、「エンジンテスト場と発射台を閉鎖する」の後に、米国が何をどうすれば「寧辺の閉鎖」につながるのか、それが一切提示されていません(AとCはともかくBが何なのかは提示されていない)。「米国の真正性のある対応を待っている」というふうにしか見えません。

また、明らかにギブアンドテイクとなっており、「相応の措置が無いと非核化しない」という既存の話と大差ないこともわかります。

 

他には、2032年オリンピックの共同開催のために協力する、金正恩氏がソウルに来る、などの話があったとのことです。

また、一つ前のエントリーの軍事合意書にも署名した、とのことです。「敵対関係を終える」などの、既存のリークと同じ内容だと言われています。

 

※追記

文大統領が、鉄道と道路の南北連結を「今年中に着工する」と公言しました。本ブログでも何度も取り上げましたが、韓国は前回の首脳会談のときからこの鉄道・道路連結(特に鉄道の連結)を集中的に強調していました。

この件は大々的な「経済協力」となります。北朝鮮側に多くの資材と資金が流れていくことでしょう。事実上の「支援」になる恐れがあります。

どうしてここまで「年内」に拘るのか・・・って3ヶ月も残ってないですけど。

https://news.v.daum.net/v/20180919115453550

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

110+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5