文大統領、「相応措置」を語る

首脳会談にあった「相応措置」の件ですが、文在寅大統領が自ら答えましたので、紹介します。

「相応措置とはどのようなものですか」という質問に、「北朝鮮が非核化のための措置を取っていくと、それに合わせて、米国側も敵対関係を終息し、また、北朝鮮の安全を確保しながら、新しい北米関係を作っていく措置をとった場合、北朝鮮もよりさらに非核化措置を迅速にとっていく用意がある」と答えた・・とのことでして。

https://news.v.daum.net/v/20180920201557052

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「相応措置」については、チョン・ウィヨン大統領府安保室長が「終戦宣言を含め、様々な方案を検討する」と話したことがあります。特使団の事実上のリーダーだったチョン氏が適当に答えたはずはないし、文大統領が話した「敵対関係を終息~(以下略」と「終戦宣言」は同じ趣旨のものだと見てもいいでしょう。

 

そこで気になったのが、軍事合意書のことです。同じくチョン氏の言葉として、「事実上の不可侵宣言だ」とも。敵対関係の終息というのが、これと同じ「米国も敵対行為を完全中断せよ」の意味なら・・・・今回の南北軍事合意書は、「南北で米国に手本を見せてやるろうぜ」という意味で用意したものだったかもしれませんね。

結局は、すべての言葉が「米軍撤収」という同じゴールを目指しているのではないでしょうか。単純すぎる考え方かもしれませんが、それ以外にパッと思いつくことがありません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

115+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5