「ウリ民族が世界でいちばん頭が良くて優秀なのに中国より貧しいなんてありえない」

平壌で行われた南北首脳会談にて、金正恩氏が次のような発言をした、ということです。「私たち民族が世界でいちばん頭が良く、優秀なのに、中国より貧しいなんてありえない」。

アジア経済の記事で、この発言を伝えたのは、故・盧武鉉大統領のチルドレンの一人、チョン・ドンヨン(鄭東泳)氏です。盧武鉉大統領の弾劾案が国会に提出された時(結果的には弾劾できませんでした)、座り込んで「ひ~~~ん」と声を出して泣いていた人ですが、皆さん、覚えておられますか?

彼も「民主平和党」代表として、首脳会談に同行していました。

http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2018092217155990235

さらに面白いのは、チョン代表が「それは真正性のある言葉だった」と評価している点です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「朝鮮半島統一後に日本に起こること」にも書きましたが、この「韓民族(朝鮮民族)が世界でいちばん優秀」という話は、自分でどう思っているかより、「はいそうですとも」と答えばければならない義務のほうが優先します。

ですが、その矛盾・・「いちばん頭が良く優秀なのになぜ現実はこうなのか」について、韓国や北朝鮮の自民族優越主義は、民に答えを出すことができないでいます。いわば、「韓民族の自民族優越主義の最大の敵は、目の前の現実」とでも書きましょうか。

そして、「不当な方法を使った誰かに、私の正当なる権利を奪われた(=恨、ハン)」からこうなった、と自分自身に言い聞かせる・・・「ウリ」にも言い聞かせる。疲れる生き方です。

 

この前の、「私は親和力が高いと自分で言った」教授の文もそうでしたが、首脳会談に同行した人たちは口を揃えてこう言います。「もう非核化は規定事実だ」、「金正恩氏は経済にしか興味が無い」、「平壌が(良い意味で)変わった」・・

事前に「~~な内容以外は書くな」という注意事項でもあったのか、それとも北朝鮮側の演出がよかったのか。

今日の記事では、チョン代表は「もう金正恩氏の言葉が本当か嘘かで論争すること自体、意味がない」としています。ひょっとして、こういう服従のスタンスが、彼らの言う「優秀」なのかもしれませんね。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

139+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5