韓国の国務総理「検・警はフェイクニュース制作・流布者を厳正に処罰せよ」

韓国が国を挙げて「フェイクニュース」の取り締まりにかかろうとしている・・という件、続報です。

多分、この件について反対している人たちが少なくないのでしょうか。ついに国務総理まで「検・警察がフェイクニュース制作、組織・計画的に流布した人たちを厳正に処罰すべきだ」と話しました。

特に「南北関係と国家元帥(文大統領)に対するフェイクニュース」と強調しています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・イ・ナクヨン総理は「偽ニュースが溢れている」とし「YouTube、SNSなどのオンラインで意図的で悪意のある偽ニュースが急速に広がっている。個人の私生活やデリゲートな政策懸案はもちろん、南北関係を含む国家安保、国家元帥に関するフェイクニュースまで出回っている」と言及した。

続いて「偽ニュースは、表現の自由の背後に隠れた社会の公敵だ」と「偽ニュースは、個人の人格を侵害し、社会の不信と混乱を引き起こす共同体の破壊犯であり、個人の意思と社会世論の形成を歪曲、『私』と違う層や集団に対する憎悪を引き起こして社会統合を揺るがし国論を分裂させる民主主義の妨害犯だ」と叱咤した。

彼は「これまで政府と民間が偽ニュースをなくそうと努力してきたが、努力は不十分で、事態はさらに悪化した。これ以上は黙って見過ごせない」と偽ニュースを制御する新しい体系作りの必要性を述べた・・>

https://news.v.daum.net/v/20181002095605032?d=y

 

韓国社会は、「表現の自由の背後に隠れた社会の公敵が多く、個人の人格を侵害し、社会の不信と混乱を引き起こす共同体の破壊犯も多く、逆に共同体が強すぎで個人の人格を侵害したり社会の不信と混乱を引き起こしたりもしますし、個人の意思と社会世論の形成を歪曲するまでもなく『私』と違う層や集団に対する憎悪が社会問題となっており、社会統合を揺るがし国論を分裂させるかどうかを考えるまでもなく民主主義をいろいろな形で妨害する人たちが多く、しかもそれを民主主義革命だと自慢している」のは事実です。

でも、それがフェイクニュースのせいでしょうか?総理の熱弁の中で、具体的に提示されている事例は「南北関係と国家元帥」だけです。

このイ総理の主張もまた、「個人の人格を侵害し、社会の不信と混乱を引き起こす共同体の破壊犯であり、個人の意思と社会世論の形成を歪曲、『私』と違う層や集団に対する憎悪を引き起こして社会統合を揺るがし国論を分裂させる民主主義の妨害」の一つに過ぎないのではないか・・私には、そう見えて仕方がありません。

 

明日は(通常の)更新はできません。レナと出かけます。いつものことですが、帰ってきたらレナスレでも書けたら・・と思っています。

(・∀・)ノ

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+107

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5