チキンに飛べと言え

ツイッター経由でいらした方々、スマホでの表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

チキンチップ(치킨집、チキン屋)。

韓国経済関連で、多分、皆さんも一度は耳にされたことがあるでしょう。

本ブログでも書いたことがありますが、どう頑張っても、結局はチキン屋をやるしかないという意味で「起承転鶏」という皮肉ができるぐらい、韓国ではチキン屋が無数に存在します。韓国のチキン屋の数が、全世界のマクドナルド店舗数と同じかもっと多い、と言われています。

じゃ、そのチキン屋なんですが、どれぐらい利益が残るのでしょうか。あくまで一人のチキン屋さんのデータではありますが、かなり具体的な数値があったので、紹介します。

まさに、色んな意味でチキンな話になります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・「3年前には、チキンを売ると純利益は3000ウォンは残った」

1羽分で、10000~15000ウォン前後の価格になります

・「今では、店の賃借料が33%、人件費が15%、食材の価格が14%は上がっている」

・「スマホアプリや、配達代行などまで含めて計算すると、今は1羽あたりの純利益が1000~1500ウォン程度」

スマホアプリはチキン屋検索などに使うアプリで、登録など店側もお金を払わないといけません。配達代行とは、配達する人を雇うと人件費がかかるため、近くの代行会社と契約したほうが安いみたいので、配達代行を利用する場合が多いそうです

・「1日にチキン100羽を売っても10万ウォン程度の利益しか残せない」

http://www.viva100.com/main/view.php?key=20180416010005923

 

もっとも驚いたのは、わずか3年前に比べて、利益率が半分~3分の1まで落ちていることです。

この事例の人だけが特殊な場合かもしれませんが、別ソースからだと、韓国のチキン屋の平均収入は月189万ウォンということでして。

大まかに合ってる気もします。

https://news.v.daum.net/v/20131227074805143

「チキン屋」が悪いというより、「チキン屋やるしかない」となると、頭が痛いところですね。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+123

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5