韓国軍の戦車600台、最高時速20km、傾斜20度の上り坂も超えられず

ツイッター経由でいらした方々、スマホでの表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

KBSが「残存価値0ウォンだ」「空き缶戦車」としながら、韓国軍の戦車関連ニュースを載せました。

1977年に韓国軍に導入され、40年以上運用されているM48戦車。現在、前方(敵と向き合っている地域)と動員(支援のための)師団に600台がある、とのことですが・・どうやら、この戦車の運用にいろいろ問題があるようでして。

記事から引用してみます。

「平地最高速度はマニュアル上では時速50km。ところが、実際には20kmが限界です」

「20度を超える傾斜路は、後進でないと登れない、笑えないことも起きています」

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「四方の敵戦車を攻撃するための砲台の回転数は毎分4から5回」

「夜間照準に500m以上のターゲットは、識別すら困難です」

「製造中止された部品を、他の戦車から外して使う『部品を回して防ぐ(部品回し)』」も、もはや限界状況です」

「軍が判断した残存価値(使い続ける価値)は0ウォンです」

https://news.v.daum.net/v/20181019083252375

 

これ「だけ」ならともかく・・リアルで聞いた話としては、兵役で運転兵だった人から「少しでも整備のときに気を抜くと、トラックが動かなくなる」とも聞いたことがあります。

それでも元気に「過小評価するな!」としている韓国軍でした。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5