「ラッキースター」について

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなどスマホでの表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

折り紙の「ラッキースター(韓国で言う『幸運の星』)」が話題になっているようで、エントリーします。コメント欄含めて3件も質問を受けたので・・

本エントリーは「あの人」がどこの国の人なのかを考察するものではなく、「あの星は何なのか」についてのものですから、書く私も読む貴方もそのつもりで行きましょう。

あの星、韓国起源(?)なのかどうかはわかりませんが、日本では「ラッキースター」と言います。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国では「幸運の星」と言います。小さいのが「赤ちゃん星」で大きいのが「ママ星」。特に小さな方、「幸運の赤ちゃん星(행운의 아기별)」は韓国ダイソーでよく売っていて、人気商品でもあります。

鶴より早く作れるし、瓶に入れて飾りやすいのが人気の理由だとも聞くし、人気俳優が作って話題になったという話も聞きます。でも、詳しくいつからあったのか、どれぐらい人気なのかは不明です。ただ、韓国側でのネット検索によるヒット(「折り方を教えてください」など)2016年あたりに特にヒットする数が多いようです。

日本では「ラッキースター」という名で知られていて、「ラッキースター 折り紙」で検索すると結構ヒットします(日本では折り紙の星といっても様々な種類がありますので、これだけヒットするわけではありませんが)。ちなみに外国では「origami luckystar」と言います。

 

結論から言うと、「日本でも作る人たちがいるので、これだけでは何とも言えませんな」になります。つまらない結論ですが。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+127

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5