キリが無い

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなどスマホでの表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

いわゆる「強制徴用」で個人賠償を請求できると、いまごろ韓国中の市民団体が「被害者またはその遺族(遺族でも訴訟起こせます)」を探していることでしょう。強制徴用被害者は、いまのところ公式では21万6992人。遺族でも訴訟を起こすころができます。この数は、近い内に急激に増えることになるでしょう。

https://news.v.daum.net/v/20181031001226143

 

そんな中、KBSが、海外で発見された韓国人「強制徴用者」たちの遺骸(遺骨)を、日本側に渡してはいけないと報道しました。まとめてみます。

・「タラワの戦い」で1200人の朝鮮人が要再構築などのために「強制徴用」された

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「強制徴用」の言葉については昨日のエントリーを参考にしてください

・しかし、その朝鮮人1200人は弾丸受け(武器もちゃんと持たせずに最前線に出して敵の的にすること)とされ590人が死亡した。「捕虜になった人はほとんど朝鮮人だった」と米海兵隊の映像ナレーションは指摘している

・その遺骸の一部が発見された。しかし、米軍は、外国でアジア系の戦死者の遺骨が見つかると日本に渡す

・日本は身元の確認もせずそれらの遺骸を無くしてしまうだろう

https://news.v.daum.net/v/20181031211116076?rcmd=rn

 

1200人が「弾丸受け」にされたのに、死んだのは590人。しかも「捕虜(生きている)」はほとんどが朝鮮人。

なんか、話の前提が何一つ合ってない気がします。

 

しかも、このような、今までは大して話題にならなかった事案が、例の最高裁判所判決によってこれからはどんどん増えると思われます。

さらに意地悪な見方をすれば、「そういえば私も被害者の遺族だった」という事例も増えるのではないか・・そんな気がしてなりません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+183

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5