日本政府、各企業に「事実上の賠償拒否を指示」か

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなどスマホでの表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

日本政府が、新日鉄住金と似たような状況下にある各企業に「賠償に応じないように」と要請する計画であるというニュースがありました。

私は個人的に「額に関係なく、絶対に応じてはならない」と考えているため、支持したい流れです。賠償に応じても、結果的には、企業だけでなく日本側にもっと大きな損になるだけです。

韓国日報の記事から、部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<日本政府が、韓国最高裁の強制徴用賠償判決と関連して、同様の訴訟で提訴されている自国企業を対象に、賠償や和解に応じないように要請することが明らかになった。今回の判決で、日本企業70カ所が敗訴する可能性が大きいと判断して、対策講じに出たものと解釈される。

毎日新聞は1日、政府の説明会と関連して、「外務省、経済産業省、法務省などが共同開催し、韓国で70箇所以上の日本企業の訴訟対応を側面支援する予定だ」と報道した。この場合、事実上、政府が自国企業に賠償拒否の指示を下したと言える。これと関連し、新日鉄株金は先月30日、最高裁判決で敗訴した直後、「判決内容を綿密に検討し、日本政府の対応状況等を踏まえて適切に対応する」という立場を明らかにした・・

 

・・日本政府は、海外各国とメディアを対象とした広報戦にも積極的に乗り出す予定だ。産経新聞はこの日、「日本政府が韓国最高裁判決が1965年の韓日請求権協定に反し、国際法に違反したものだと、国際社会が正しく理解できるように、ヨーロッパとアメリカのメディア、外国を相手に説明を始めた」と報じた。

一方、日本政府は、韓国側には対応方針を急いで用意するようにと圧迫している。韓国側の対応が遅くなるほど訴訟と関連し収拾が難しくなると判断したからだ。読売新聞は「何ヶ月も待つことではない」という政府関係者の言葉を引用し、これは韓国政府が時間稼ぎをするなら日本政府が法的手段も辞さないという意味だと報道した。河野大臣もこれに関連し、「韓国政府の迅速な対応を期待している」と述べた>

https://news.v.daum.net/v/20181101103335785

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+146

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5