「悪魔を許してはなりません。同じことを繰り返すだけです」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

河野外相が、「日韓関係をどうしたいのか、韓国政府に確認してみるべきだ」と話しました。ニュース1は、この発言を「韓日関係を再確認すべきだ」としています。

<河野太郎・日本の外相は22日(現地時間)、韓国政府の和解・治癒財団解散発表などと関連し、「韓国側は、未来志向とすることができないことを続けている」と批判した。NHKによると、この日、河野外相は取材陣と会って「韓国が日韓関係をどうする意向であるのか、議論して確認しなければならない」と述べた・・>

https://news.v.daum.net/v/20181122203639540

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

私は、「多分、外相として望ましい結果にはならないだろう」としながらも、それでも、一度はそんな議論があってもいいのではないだろうか、とも思っています。

韓国が言う未来志向と、日本が言う未来志向は、意味そのものが違います。

 

日本が韓国に求めているのは「外交」です。たまには喧嘩もするけど、その事案が終わればまたニュートラルに戻る、そんな関係です。

韓国が日本に求めているのは、善悪論です。善が悪を受け入れることはできません。悪が善を一方的に受け入れるべきです。もし受け入れないなら、その悪を絶対に許してはなりません。

 

以下、ソース不明の話をもとに勢いで書いたものですが・・

昔、「神を信じて罪から救いを得たのに、なんで不幸なことが起きるのか」はキリスト教徒たちの素朴で深刻な疑問でした。

その「原因」として登場したのが、「邪魔するもの」、サタン(悪魔)です。ここでいうサタンは悪魔の名前ではなく、悪魔の総称みたいなものです。

サタンが神と人間の間を邪魔している。だから悪いことが起こる。サタンのせいだ、そういう「設定」にしよう、となりました。

 

そんなある日、不運な事故で父を亡くした幼い少女が、「どうしてこんなことになったのですか」と、教会で涙を流しながら祈りを捧げました。

それを見た聖職者が、「サタンのせいです。サタンのせいなのです」と少女を慰めました。

すると、しばらく泣いていた少女が、「神様が私たちの罪を許してくださったように、私もサタンを許します」と言いました。どれだけ悪いやつでも、神様の教えの通り、サタンを許すというのです。

それを聞いた聖職者は、「ああ、私はなんてひどい嘘を言ってしまったのだ」と、教会のもっと上位の部署にこのことを知らせ、「サタンという嘘をさっさとやめてください」と手紙を書きました。

 

しばらくしてから、サタンにはもう一つの設定がつきまとうことになりました。

「サタンは、懺悔しない(罪を悔い改めない)」。

神は、憎い相手でも、相手を許して、その相手のために祈り、判断は神様に任せろ(自分で判断してその相手を罰しようとしてはならない)と教えたけど、サタンは許してはダメだというのです。

なぜか?懺悔しないからです。

許してやってもまた悪さをするに決まっているからです。

そのほうが、「設定」が通りやすいからです。サタンを許すなど、設定の、目的の邪魔になるだけです。たとえそれが神の教えを信じる純粋な心から来たものだとしても、

 

韓国にとって、日本はサタンです。日本が絶対悪でないと困ります。

韓国が望むのは、日本が謝罪することではありません。「日本が謝罪し、韓国は許さない」を望んでいます。それが韓国の言う未来志向です。

この考え方に、日本がもっと気づくきっかけになれるなら・・河野外相がいう「確認」もいいかもしれません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+176

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5