韓国紙「日本の次期総理候補が韓国を理解すべきだと言った」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

前に「※」付けて「まだそんな記事があるわけではありません」と書きましたが・・やはり、こうなりました。

韓国側が、石破茂氏の例の発言を「日本の次期総理候補の1人が韓国を理解すべきだと言った。でも併合を合法だというなど水準は知れたものだった」という趣旨の記事を載せました。

聯合ニュースの記事、部分引用します。

<日本の次期首相候補の一人である石破茂自民党前幹事長が、日韓関係について「日本が韓国を併合した歴史を認識しなければならない」と述べた。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

2日産経新聞インターネット版によると、石破前幹事長は先月30日、東京早稲田大学で行った講演で「合法だったとしても、独立国だった韓国を併合して姓を変えること(創氏改名)が行われた」とし「そのような歴史があったことをどの程度認識しているかどうか(の問題)だ」と語った。

日本政府が韓国最高裁の強制徴用判決への対応策を用意するとき、このような歴史があったことを考慮すべきだというものである。

過去の歴史を認めて対応策を用意しなければならないという穏健論ではあったが、石橋前幹事長は、併合を「合法」と表現し、日本の政治家の誤った認識の水準を顕にした・・>

https://news.v.daum.net/v/20181202152249780

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

143+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5