対日宣戦布告記念日

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国の中央行政機構の1つ(国務総理傘下)である国家報勲処は、毎年「対日宣戦布告記念日」を祝っています。12月10日です。

対日宣戦布告といっても、世界的にマイナーすぎるのは言うまでもなく、韓国内でもそれなりの知識が無い人だと知らないことでしょう。

1919年に大韓民国ができたとする臨時政府史観で「大韓民国23年(1941年)」の12月10日、臨時政府の金九主席などが対日宣戦布告を発表しました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「倭寇どもを韓国と中国及び西太平洋で完全駆逐するために、最後の勝利を得るまで血戦する」などとしています。

で、その中にこういう内容がありまして。「韓国全人民は、現在すでに反侵略戦線に参加して1つの戦闘単位となっている」、「1910年の合邦(※併合)条約及び全ての不平等条約の無効を繰り返し宣布する」。

https://news.v.daum.net/v/20181209093946108

 

臨時政府は「日本に対する全面攻撃を計画していたが、その直前に戦争が終わってしまった」とも主張しています。でも、戦後確認された光復軍(臨時政府の軍隊)は300人前後だった、と言われています。

とはいえ、この宣戦布告文は後の韓国にもそのまま受け継がれ、「極めて一握りの親日派以外は、全員が1つになって日本と戦っていた」とする国策(設定)の基礎となりました。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊<「徴用工」の悪心>が、2018年12月27日に発売です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (0)

47 Replies to “対日宣戦布告記念日”

  1.  こんなものを、貼ってみる。

    ・http://blog.livedoor.jp/kanedashoji70/archives/72217796.html
    ———————————————————-
    その上海臨時政府、売春婦が居たのをご存知でしょうか?

    3.1クーデター時にも一般市民の日本人女性を強制連行して強姦するなどをしていましたが、上海臨時政府では、積極的に女性の性を売り物にして活動資金を捻出していたことはよく知られています。例えば、1924年7月17日付けの神戸又新日報では、上海臨時政府が女性の裸体写真で活動資金を作っていたことが書かれています。
    ———————————————————-

    ・http://blog.livedoor.jp/kanedashoji70/archives/71300622.html
    ・http://oversea.i815.or.kr/global/ja-JP/country/?mode=V&p=1&l_cd=china&area=ARA022&m_no=CN00306#lg=1&slide=15
    ・https://news.joins.com/article/22210353

  2.  まさに、ファンタジー。
     歴史認識の根底が、ファンタジーだなんて。

コメントは受け付けていません。