立つ、座る、土下座する

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国には、「お金は、座ってやり、立ってもらう」という諺があります。

ここで言う「座る・立つ」とは、上下関係のことです。上の立場の人が座り、下の立場の人が立っていないといけません。

「やる・もらう」は、「貸す、返してもらう」です。すなわち、お金を貸すときには貸す人が上だけど、返してもらうときには、むしろ貸す人のほうが下になってしまう、貸したお金を返してもらうのは、そんなにも難しいことだ、という意味になります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

今日、また韓国側の個人ブログをまわってみましたが、その中に「お金は座って貸して、土下座して返してもらえる」という内容がありました。自分が徹底的に「下」にならないと返してもらえない、というのです。なにがあったのでしょうね。

 

韓国に「借りたお金を返さない」人が多い件で、韓国人特有の「剥奪感(奪われたと思う心理)」を指摘する声もあります。すなわち、韓国人は、借りたお金を返すことを、「返す」のではなく、「奪われる」と思ってしまう、というのです。だから、「返す」行為にも相応の対価を要求する・・例えば「貸した方が頭を下げる」を要求する、という見方もできなくはないでしょう。

 

「返す」は、貸し借りの関係をニュートラルに戻す行為です。そう考えると、韓国社会は、「両方が対等な関係で事柄を決める(借りたから、返さないとニュートラルに戻れない)」とはかけ離れたものである・・と、思わずにはいられない今日この頃であります。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊<「徴用工」の悪心>が、2018年12月27日に発売です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

139+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5