文大統領、日韓議員連盟と会う

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

文在寅大統領が、ソウルを訪問中の日韓議員連盟と会い、いろいろ話したとのことです。

ニューシースの記事から、気になる部分を引用してみます。

<・・文大統領は「今回の最高裁判決も、韓日基本協定を否定するものではない」とし「ただ基本協定は有効であるが、労働者個人が日本企業に対して請求した損害賠償請求権まで消滅したわけではないとするものだ」とした。

志位和夫顧問は「徴用工問題の本質は、植民地時代による人権侵害にある」とし、韓日は被害者の名誉と尊厳を回復するために努力しなければならない」とした。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

続いて「請求権協定で請求権問題は解決されたとしても、個人の請求権が消滅していないことは、最近、日本政府も国会審議回答で回答している。そのような次元で両国が前向きに続く努力していきたい」と語った。

また、額賀福志郎会長も「個人請求権がまだ消滅していないことについては、日本政府も認めている。一方、これは外交保護権を放棄したという認識もあるので、この部分につきましては、日韓両国政府がお互いを確認する必要があると思う」と答えた。

また、双方は、朝鮮半島の平和プロセスの局面にも言及した。額賀会長は「文大統領の米朝・南北間の首脳会談のための仲介者の役割について高く評価する」とし、両国間の積極的なコミュニケーションの必要性を強調した・・>

https://news.v.daum.net/v/20181214150017292?rcmd=rn

 

私が知っているかぎりだと、例の国会答弁は、河野外相によるもので、「個人請求権そのものが消滅したのではなく、支払う責任が韓国政府にある」という趣旨のものでした。というか、当然そうなるものですが・・国会議員ともあろう方々が、本当にそれを理解していないのでしょうか。

私は、基本条約で「(韓国が日本への、日本が韓国への)請求権の解決」という言葉を使ったのもそのためだと思っていますが。

どの道、何のための議員連盟なのか・・困ったものです。

 

 

 

おかげさまで、無事VISA(在留資格など)が更新できました。いままでは1年ずつでしたが、今回は3年物が取れました。ありがとうございます。

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊<「徴用工」の悪心>が、2018年12月27日に発売です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

171+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5