韓国の弁護士「韓国の最高裁は『慰謝料』しか認めていない」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

慰謝料シリーズ、続編(続報)です。

新刊<「徴用工」の悪心>でも扱っておりますが、11月20日、本ブログでは「慰謝料」に関する考察を書いたことがあります。なぜか「慰謝料」ばかりを強調している、という指摘でした。慰謝料は「精神的苦痛に対する賠償」を意味します。

ありがたい(?)ことに、韓国の弁護士が「最高裁判決は慰謝料以外は認めていない」とする分析を載せてくれたので、紹介します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

まず、この寄稿文の趣旨ですが、「もっと幅広く個人請求権を認めるべきだった。なんで慰謝料しか認めなかったのか」というものです。全般的には、「たかが基本条約のような協定で個人請求権を否定できるものか」など、無茶苦茶な内容です。

引用したいのは、弁護士さんは今回の最高裁判決を分析したこの一行のみです。

<最高裁判事多数の意見は、この事件の慰謝料請求権以外の大韓民国国民の対日個人請求権は、韓日間の請求権協定により消滅したという立場をとっています>。

http://news.koreanbar.or.kr/news/articleView.html?idxno=19237

 

 

過去エントリーにも引用しましたが、この前紹介した会議の記録に、基本条約のための会議記録を見ると、こうなっています。

「日本側:補償金とはどういう性格のものを言うのか。

韓国側:未収金とはその時点での規定により受けるべきだったものを、受けていないことをいい、補償金とは生存者、負傷者、死亡者を含む被徴用者への補償、すなわち精神的苦痛に対する補償を言うものである。そして、彼ら被徴用者には軍人、軍属を含める」。

韓国側の会議では日本側に合わせて「補償」という言葉を使っていますが、「賠償」とする韓国側と「経済協力金と補償金」とする日本側の意見が一致せず、「お互いの請求権の解決」という表現となりました。

すなわち日韓が合意した請求権の解決には、「精神的な苦痛」、慰謝料も含まれていることになります。

 

次の更新は夜遅くになります。最近更新が不安定で申し訳ございませんニダ

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊<「徴用工」の悪心>が、2018年12月27日に発売です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (0)

109 Replies to “韓国の弁護士「韓国の最高裁は『慰謝料』しか認めていない」”

  1. そもそも損害賠償請求には慰謝料も含まれます。慰謝料がなければ慰謝が必要なことはなかったか、あっても請求しなかったことになります。ですからある事件について交渉で決着したのに、慰謝料だけあとから別に交渉するという事はありえません。その場合は、決着を破棄してやり直す以外ありません。なぜならまた53年後になって「アレの請求を忘れていたので追加して1千万円頂戴」と言い出せることになります。「誠意ある謝罪があればお金は一ウオンもいらない」と韓国人は言いますが、裁判官からして恥知らずですから国民においておやです。

  2. そういえば……

    (・∀・)シンちゃんって朝鮮人だったっけ……

  3. 日経によると徴用工やその遺族が「韓国政府を相手取った補償金支払いを求める訴訟を計画している」らしいね
    明日記者会見するらしい

コメントは受け付けていません。