北朝鮮の「絶対指針」、金正恩新年祝辞発表

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

金正恩氏が新年辞(新年の祝辞)を発表しました。

聯合ニュースによると、「金委員長の新年辞は、新年の分野別課題を提示しながら、対内政策、対南メッセージ、対外政策などの順で構成されす。ここで提示された課題は、北朝鮮では必ず執行しなければなら絶対的な指針とされる」、とのことです。

https://news.v.daum.net/v/20190101093515196

韓国側のマスコミから、その主要と思われる内容をまとめました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

まず、非核化や米朝首脳会談などについては、いつものスタンスでした。

「完全な非核化を望んでいる」、「米国が相応の措置を取るなら非核化も早くなるだろう」、「いつでも米大統領との会談に応じる用意がある」、「(米国が)私たちがいつまでも忍耐するばかりだと思っているなら、私たちは新しい道を探ることになるだろう」

https://news.v.daum.net/v/20190101100635839

 

「朝鮮半島の恒久的平和」についても言及し、開城工業団地と金剛山観光を何の条件も無しに再開する用意があると発表しました。

https://news.v.daum.net/v/20190101100906870

これは明らかに対北朝鮮制裁に違反する内容になるので、事実上、韓国側に『国際社会に、制裁緩和をもっと要求しろ』と言っているようにも見えます。

恒久的平和とは、文在寅大統領もよく用いる表現で、私は統一を意味する言葉だと思っています。

 

また、「社会主義自立経済の威力をより強化しなければならない」とし、その中で「国防工業をさらに進展させなければならない」と話しました。

国防工業といっても、パッと思いつくのは、やはりミサイル、ICBM関連のことですが・・どうでしょう。

アジア経済はこの件について、北朝鮮の弾道ミサイルも脅威ではあるけど、実は移動式発射台(TEL)開発がもっと恐ろしいことだと指摘しています。

https://news.v.daum.net/v/20190101100332776

 

昨日(2018年12月31日)の労働新聞は、非核化において「いままで私たちは、やると言ったことはすべてやった」と主張しました。組み合わせて考えると、北朝鮮は「米国が『相応の措置』を取らないと、私たちがやることはもう無い」のスタンス、いつものスタンスだと見ていいでしょう。

https://news.v.daum.net/v/20181231210308214?rcmd=rn

 

 

あけましておめでとうございます。

早々曇りまして申し訳ございません。

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中(2018年12月27日)です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5