韓国軍、「友好国航空機の脅威的飛行対応マニュアル」作成

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

「楽韓WEB」によりますと、報道ステーションが「レーダー照射の周波数特性」を確定、韓国軍の嘘を確実なものにしたといいますが・・

http://blog.livedoor.jp/rakukan/archives/5443280.html

韓国軍は、「友邦国(友好国)航空機の威脅(脅威的な)飛行の対応マニュアル」を作ると言い出しました。ノーカットニュース(CBSニュース)の報道から部分引用します。

<日本の哨戒機が人道的救助作業をしていた広開土大王艦の周りからの脅威の飛行をしたことをきっかけに、友好国航空機の脅威の飛行への対応マニュアルが作られる・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

合同参謀本部は8日、議論が生じている広開土大王艦の脅威飛行と関連、友好国航空機に対応するマニュアルを具体化していると明らかにした。

キム・ジュンラク合同参謀広報長は国防部のブリーフィングで関連質問に対し「脅威の飛行についての軍の対応マニュアルは、主に敵機や未識別航空機に対するものだった」、「今回の事案に関連して、友好国航空機による脅威の飛行があった場合に対応できるマニュアルを具体化している」と述べた。

しかし、彼は「詳細な内容は、作戦の機密事項であるため確認してやることができない」と述べた・・>

https://news.v.daum.net/v/20190108113600049

 

一つ、関連して考えられるのが、韓国軍国防白書の「敵」の概念です。

今年から、韓国の国防白書では「北朝鮮は敵」とする内容が削除され、「大韓民国を脅威する全ての勢力は敵」となりました。韓国軍、タイミング良く「きっかけ」ができたものですね。できたのか、つくったのか・・

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

 

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中(2018年12月27日)です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

156+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5