保坂教授「相手の軍事行動を誘うのは日本の昔からの癖」

※ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国に帰化した保坂祐二教授がラジオ番組に出演し、「相手の軍事対応を心待ちするのは戦前からの日本の悪い癖」だとしながら、「強い対応をすれば安倍を助けることになる」と話しました。

該当発言だけ、引用してみます。

・「日本が狙う部分といえば、日本が低空飛行をしたとして韓国軍が少しでも軍事的対応すれば、軍事的な緊張が高まれば、日本には有利です。日本の国民も強い軍隊は必要だと思うでしょう」

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・「相手の軍事行動を誘うのは、過去、特に旧日本1945年までの日本軍では日常茶飯事で、それは過去の日本軍の文化というか習慣というかそれが消えたわけではありません」

・「韓国側も強い対応の話が出ているけど、それは日本の高度の外交戦略の中の一つですから、もっと知恵を絞る必要があるでしょう」

https://news.v.daum.net/v/20190125053300160?d=y

 

保坂氏だけでなく、他にも似たような趣旨の記事がいくつか目に付きます。「強く対応すれば、安倍の思う壺だ」というのです。

まず、本当にそう思っている可能性もあるでしょう。または、「そういう路線で記事を書け」と何かの指示(?)でもあったのでしょうか。

もう一つの可能性として、「実は韓国が日本の軍事行動を誘っている」とい見方もできます。でも、軍事行動の前に別の形での制裁が来るのでは?

 

最後に、この手の主張をする人たちは、内心、「これ以上は(例えば今朝の肉弾防御の話などは)韓国にとって『まずすぎる』」と思っているからではないでしょうか。

でも、そんなことを言うと、「日本の味方をするのか」と叩かれるから、「とりあえず日本の悪口を併記しておく」パターンで。

でも、「まずいときにまずい選択をする」のが、韓国の、いや朝鮮半島の「悪い癖」ですから・・

 

 

次の更新は夕方になります。

(・∀・)ノ

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。統一前の北朝鮮より、統一後の韓国のほうが日本にミサイルを撃つ可能性が高い・・そんな悲しい内容の本です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+156

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5