韓国が主張する日帝強制動員被害者、「800万人」が基準になるのか

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

<「徴用工」の悪心>と本ブログの関連エントリーで、何度か「いわゆる強制徴用被害者の数はどうなるのか」を論じました。いままで北朝鮮の「840万人」主張と、韓国の自治体が主張している「782万人」などを紹介しましたが・・

今回、韓国の弁護士団体が「強制動員被害者は800万人」とする過去の調査を基準にして被害者を募集していることがわかりました。弁護士団体だけあって、北朝鮮(労働新聞)や自治体のモニュメントよりは、今後に及ぼす影響力が強いと見るべきでしょう。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「民主社会のための弁護士会が、戦犯企業新日鉄住金と不二越を相手にした追加の訴訟に参加する、日帝強制動員被害者を募集します」、とのことです。

https://news.v.daum.net/v/20190125175700436

 

ただ、用意すべき資料として「日帝強制動員被害真相糾明委員会」の認定書類が必要だ、となっています。

「日帝強制動員被害真相糾明委員会」というのは2005年に「日帝による強制動員被害者」を募集しました。独立機関ではあったものの、国務総理直属でした。

中央日報の記事によると、「日帝によって軍人・軍属(軍務員)・労働者・軍慰安婦などの生活を余儀なくされた被害者や親族関係にある人を対象に、2005年2月1日から6月末までの5ヶ月間、被害申告と真相調査の申請を受けた。初日だけで委員会と全国市・道に寄せられた届出件数は2573件と集計された。当時強制動員被害者は労働者732万6585人、軍人と軍属61万4516人、軍慰安婦8万〜20万人など800万人と推定された」、となっています。

https://news.v.daum.net/v/20181031164109017

 

言い換えれば、この委員会が認めた人を基準にして『被害者』を集めて訴訟を起こすとなると、労働者だけで732万人を超えることになっていまします。

いよいよ、700万や800万という数字が、現実味を帯びるようになりました。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。統一前の北朝鮮より、統一後の韓国のほうが日本にミサイルを撃つ可能性が高い・・そんな悲しい内容の本です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5