日本政府「財団によって慰安婦合意は履行される」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

日本政府が、韓国政府の慰安婦財団(治癒和解財団)解散に反対しているのは目新しい話でもありませんが、「慰安婦合意は財団によって履行される」という表現を使って韓国政府に抗議したことが明らかになりました。

言い換えれば、日本政府が財団解散を「履行が不可能になること」と受け止めているということになります。今までは韓国側に「履行しろ」としていた日本政府ですが・・「履行が不可能になった」となると、次はどうするのか。そこが気になります。

聯合ニュースの記事から部分引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「金杉憲治・外務省アジア大洋州局長は前日(28日)、駐日韓国大使館の次席公使に電話で『日韓の合意(※慰安婦合意)は、財団によって履行される』とし、韓国政府の財団設立許可取り消し措置に抗議した」。

設立許可取り消しは21日に行われました。

https://news.v.daum.net/v/20190129140316121?rcmd=rn

 

ほぼ同じタイミングで、1993年に国連人権委員会で慰安婦を「性奴隷」として話した、慰安婦問題捏造の主役の一人キム・ボクトンが他界しました。

文在寅大統領も葬式場に訪れ、礼を取りました。そしてフェイスブックに「おばあさん(キムボクトン)は日帝の蛮行に対して謝罪と法的賠償を要求して歴史を正すために率先しました。朝鮮学校に奨学金を寄付し、他の国の性暴力被害女性たちと連帯しました。人間の尊厳性を取り戻すために余生を捧げました」と書きました。

 

画像キャプチャー・ソース記事中央日報

https://news.v.daum.net/v/20190129155023563

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。統一前の北朝鮮より、統一後の韓国のほうが日本にミサイルを撃つ可能性が高い・・そんな悲しい内容の本です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

150+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5