離米と平和

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

前の左派政権(金大中、盧武鉉政府)の時に比べると、現政権の反米はずいぶんと大人しくなっています。前の左派政権のようなきっかけ(女子中学生二人が事故で死んだこと)も無いし、「反米を露骨にすれば保守右派勢力の結集を手伝うことになってしまう」ことを左派政権が学習したからです。

とはいえ、迂回的に反米の役目をしている二つの言葉があります。1つは言うまでももなく「反日」で、もう1つは「平和」です。平和が「離米」の意味を持っているわけです。この前にも紹介したことがありますが、「南北の平和協定さえできれば、米軍は駐屯できなくなる」という主張がそれに値します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<市民団体、国民主権連帯・韓国大学生進歩連合・青年党は9日午後3時頃、光化門KT本社前で「新年反米闘争宣布式」を開き、「韓半島の平和統一を妨害する在韓米軍は撤退しなければならない」と主張した・・>

https://news.v.daum.net/v/20190209164024284?rcmd=rn

 

ちなみに韓国大学生進歩連合は、先月末にも米大使館に「抗議文書を渡す」と無断で進入しようとして阻止されたことがあります。当時、連合の会員たちが「日帝強占期に愛国抗日闘士たちを逮捕していた鐘路警察署。いまの私たちの愛国英雄たちもその鐘路警察署にいます」とSNSで抗議したりしました。

https://news.v.daum.net/v/20190131152006614

 

何が言いたいのかというと・・新年にしては遅すぎませんか・・・ではなく、「ろうそく勢力」として政治勢力化した大手市民団体以外は、今も反米を続けている、ということです。

でも、ろうそく勢力と文在寅政府は、反米を急ぎません。なぜから、「離米」は、反米のように目立つ動きをする必要が無いからです。

「平和」という、余程のことが無いと反論されない便利な言葉の裏に隠れていればいいだけです。

 

 

 

書店搬入が始まりました!(・∀・)楽しみです

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

129+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5