何が狙いだ

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

最近、韓国側のネットを見ると、「何が狙いだ」という趣旨の文章が頻繁に目に入ってきます。前からそうでしたが、最近になってさらに増えたような気がします。

日本語でもっともニュアンスが合いそうなので「何が狙いだ」と書いたものの、実際の書き方は様々で、「意図」「底意」「別の目的」「陰害(姿を表さず不当な方法で他人に被害を及ぼす)」などです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

例えば、就職できなくて、家計の役に立つことができず、責任を感じて苦しんでいる人、A氏がいるとします。

すると、Aのまわりにはこのような意見が集います。「本当に責任を感じるべきは大統領です。あなたが責任を感じると、その分、大統領の責任が軽くなってしまいます」。

ここでAが「いや、私が至らないからこんなことになったのです」と答えると、ほぼ間違いなくこんな意見がAを責めます。

「あなたは、実は『わたしたち(就職できないでいる人たち)』が悪いと言うためにそんなことを言っているのでしょう?」。

 

意図も底意も、言葉のチョイスがどうであれ、それらは、結局は「お前、実は私に害を及ぼそうとしているのだな?」という被害妄想にすぎません。

「誰のためでもない。私がこう考えたいからこう考えているし、私がこうやりたいからこうやっている」とする考え方があるから、民主主義というものも成立するのではないか・・とも思うのですが。

韓国社会は、全てにおいて「なにか狙いがある」という見方をしないといけない、そんな風潮が広がっています。

 

「誰かが不当な手段で、私の正当なる権利を奪った」とする、恨(ハン)の情緒。それが社会にもっと露骨に現れつつある、と見るのはどうでしょうか。

でも、不思議ですよね。「自分とまったく同じ意見」を言う人に対しては、何の疑いもなく涙を流しながら喜ぶ、それもまた韓国社会です。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

175+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5