人物と人間、その2

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

京郷新聞が、「ニンゲン」という言葉を説明しています。日本語で「人間」のことで、日本アニメの影響で韓国でも「ニンゲン」という言葉を(日本語発音のママ)使う人がいるとか、そんな内容です。

でも最後は、こうなります。

<・・河野太郎(河野太郞)日本外相が20日、国会衆議院予算委員会に出席して、マスコミのインタビューで「天皇謝罪」を要求したムン・ヒサン国会議長を指して「韓日議員連盟議長までした人間が・・・」と発言した。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

河野外相の経言辞は昨日今日のことではないが、国会という公の場で「人間」という表現まで動員したのは無礼なことである。

韓日関係はレーダー議論とミュンヘン会談の真実攻防(※河野外相がムンヒサン発言を講義した/しなかったの議論)で現れたように収拾不能の葛藤と不信に包まれている。いくらなんでも、国の外交首長らしくない品位の無い言動。両国の現実が実に残念でならない>

https://news.v.daum.net/v/20190221203753520

 

この件については、つい昨日「人物と人間」でも書きましたが、河野外相は「人物」と話しています。日本側のマスコミだけでなく、朝鮮日報日本語版でも『人物』となっています。聯合ニュースだけでなく京郷新聞までもが、河野外相の発言を「人間」としながらここまで顔を真赤にするとは、意外です。

これらの流れは、嘘でもいいから適当に名分をくっつけて、「両非論(両方に問題がある)」にしたがる韓国の心理をよく表しています。

 

レーダー照射の件でもそうでした。威脅!低空!など声を大きくして騒ぎ、結局、「どちらが悪いかを論じては問題の解決にはならない」となりました。

日本側の一部の「専門家」さんたちもそうですが、「日韓関係がこれではいけない」というふうに、どうしても「両方に問題がある」とする流れ。

それがムンヒサンの発言でもそのまま表れているわけです。

 

余談ですが、こんなこともありました。

パク・スヒョン韓国国会議長秘書室長が昨日、フェイスブックに投稿した内容です。河野外相に宛てて書いたもので、「日本側は無礼な言行を即時中断すべきだ」しながら、こう書いています。

「文議長の真意は、日本を代表または象徴する人物による心からの謝罪だけが被害者のおばあさんたちの無念の思いを晴らし、被害者の方々の尊厳性を回復することができるということを強調しようとしたものだ」(朝鮮日報日本語版)

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/02/21/2019022180164.html

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

134+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5