20代支持率低下の理由は?→国会議員「教育のせいです」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国の与党、共に民主党の「ソル・フン」国会議員をご存知でしょうか。

反日関連でかなり情熱的に(笑)活動している国会議員で、本ブログでは「一方通行(日本が他国の慰安婦訴訟を拒否できなくする法律を韓国国会で発議)」で彼を紹介したことがあります。

しかし、この大物(ネタ提供的な意味で)国会議員が、大ピンチです。何があったのか、軽いノリで書いてみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

一時は20~30代で、まさに圧倒的な支持を得ていた文在寅大統領。ですが、主に経済政策の失敗などで、20代を中心に、文大統領を支持しない若い人たちが急激に増えつつあります。

その件で、20代の(現政権に対する)不支持についてどう思っているのかというマスコミインタビューで、ソル・フン議員が、「(前政権の)教育の問題です」と答え(てしまい)ました。

 

<・・20代男性の文大統領と「共に民主党」の支持率下落の原因を問う質問に、「20代男性層の皆さんが学校教育を受けた時、10年前は、執権勢力が李明博・朴槿恵政府時代でした」と答えた。さらに、「今の20代が、その勢力下できちんとした教育を受けられたか疑問です。だから、結論は、教育の問題だと見ることができるでしょう」見つけることではないかと思う」と付け加えた・・>

https://news.v.daum.net/v/20190223153637229?d=y

 

「何を言っている」といろんな方面から怒られたソル議員は、謝罪をしたものの、その内容が「傷つけてしまって申し訳ないけど、事実でないことで刺激して葛藤を起こさないでほしい」というものでした。

「教育に問題があったせいだ」が事実で、怒っているほうが事実でないことで葛藤を起こしている、という趣旨にも聞こえます。

https://news.v.daum.net/v/20190223153507204

 

さらに、前にソル議員が「(60代以上は)教育をちゃんと受けることができなくて民主主義に対する確信が無い」と発言したことまで明らかになりました。

この件で自由韓国党は「じゃ、ちゃんと教育受けたのはソル議員本人しかいないのか」と話しています。

https://news.v.daum.net/v/20190223173007652

 

 

皆さん、「『(いわゆる)嫌韓』は社会的に地位の低い人たちによるものだ」という類の主張、目にされたこと、ありませんか?

似たような主張で、自分の気に入らない相手を「못 배운 놈(教育が受けられなかった奴)」と言うのは、韓国ではよくあることです。ここでいう教育とは、社会的地位のことです。いわば、これが具体的な学歴を論ずるものではなく、相手を徹底的に見下す表現です。文官だけが出世できる社会だったからこそ、こんな慣用的表現が出来上がったわけです。

ひょっとすると、ソル議員が「日本に命令するような内容の法案を韓国の国会で」出したのも、日本のことを「ちゃんとした教育が受けられなかった奴」と見下していたのかもしれませんね。

韓国からして「日本のちゃんとした教育」とは、韓国に従う内容のものだけでしょうけど。

 

 

(・∀・)ノ朝日新聞に「なぜ韓」と「悪心」の広告が載りました!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

167+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5