金委員長、水も自分で持ってきたものしか飲まなかった?

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

決裂で終わった米朝首脳会談関連で様々なニュースが報道されていますが、その中でもユニークなものを一つ紹介します。

多分暗殺などを防止するためでしょうか。金正恩氏が、水も自分で用意したものしか飲まなかった、という内容です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

部分引用・キャプチャーソース:中央日報

https://news.v.daum.net/v/20190228192628804?d=y

レナスレの後にこの二人の写真が来ると凄まじくシュールですね(笑

 

さて、よく見ると、トランプ大統領のグラスは、冷たい水を注いだためグラスが曇っています。でも、金委員長のものは透明です。これは、常温のものを予め用意しておいたからです。

<・・金委員長も、今回の会談に相当な負担を感じたよう緊張してイライラしたような姿を見せた。

金委員長は27日、トランプ大統領との会談の冒頭発言で2回目の首脳会談に至る過程を「忍耐の時間だった」と表現した。この時、カメラには、目の周りが充血した金委員長の姿が写った。

親交晩餐の時も、飲料水を別に用意してきたようだ。冷水が入って曇っているトランプ大統領のグラスとは異なり、金委員長のは透明だった。常温の水を飲んだという意味だ。親交晩餐に出席した両側6人のグラスの中、金委員長のグラスだけが透明だった・・>

 

李成桂がクーデターで朝鮮を建国し、クーデターを病的に恐れたのは有名な話です。今もそうですが、当時としては技術的にも決して容易ではなかったはずの、数千人規模の虐殺を行いました。これを王氏滅族と言います。前の王の姓氏だった「王」の氏を持つ人たちは、皆殺しにされました。その数、数千人とも一万数千人とも呼ばれています。

金正男氏を含め、大勢の人たちを粛清してきた金正恩氏。ここまでしないと、水も飲めないのでしょうか。もしそうなら、「親交」など聞いて呆れるだけです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

148+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5