釜山市長、「労働者像」撤去で「単に法や行政の基準で判断したこと」を謝罪

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

前から日本領事館前での設置が許可されず、少し離れたところ(それでも十分近いですが)の公園に仮設置されていた、いわゆる「強制登用労働者の像」。この前にも一時的に慰安婦像の隣に持ってきたりしましたが・・

約1年間仮設置されていたその像が、撤去されました。確か、12日のことです。釜山市は前からこの像を「違法造形物」としていて、一度撤去してから返したこともあります。

そして今日、市民団体100人が釜山市庁に突入、市庁の職員たちと激しい衝突が発生しました。フレーズは「撤去は親日だ」。

画像キャプチャー:聯合ニュース

https://news.v.daum.net/v/20190415104829179?d=y

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

市民団体は市長の謝罪と責任者処罰を要求しながら市庁に進入(侵入?)しました。危うく市長室が占拠されるところでしたが、出動した警察によって占拠まではいきませんでした。

市民団体は市長の出勤を阻止しようとしたものの、市長は事態を予測したか、いつもより早く、市庁付近で別の車に乗り換えるなどのスパイ映画な形で出勤、衝突が始まった頃にはもう市長室の中にいました(その後市長室のフロアまで市民団体が進入したそうですから、市長、怖かったでしょうね)。

像は、「日帝強制動員歴史館」に移してあるそうです。

 

市長は騒ぎが収まったあと、強制撤去したことを「誠に遺憾です。疎通が足りませんでした」「歴史的痛みを覚えて、真実を究明するという委員会の活動を、単に法的・行政的基準だけで判断することができないことをよく知っています」、「公論化して設置場所を決める」として、事実上、謝罪しました。

https://news.v.daum.net/v/20190415131718767

 

https://news.v.daum.net/v/20190415130922602

記事の題でもありますが、↑彼らのフレーズ「撤去は親日だ」。

単に法や行政の基準だけでやるのは、親日だ・・・

実に韓国らしい出来事です。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

154+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5