韓国内でも批判が強まる中、韓国与党は「安倍も何も言わないでいるのに」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国の地上波放送SBSが、北朝鮮側が「ミサイル」発射の写真を公開したのは、「ミサイルを撃ったぞ」と明らかにする意図である・・すなわち、そもそも隠すつもりなど全然無いと報道しました。そして、「それでも韓国がミサイルだと言わない理由がわからない」とも。

引用してみます。

<・・北朝鮮のミサイルを置いて、今までに見たことのない妙な場面が演出されています。北朝鮮は明らかに固体燃料推進方式の地対地短距離弾道ミサイルを撃ったとしているのに、韓国政府は北朝鮮のミサイル発射の事実を認めていません。国家情報院が「ミサイルではないようだ」とフェイクニュースを流したりしました。金正恩が見守る中、ミサイルを発射する写真まで公開されたのに、政府はとぼけています・・

・・北朝鮮が写真を公開してないなら、いくつかの変数を考慮し、ミサイルか放射砲か、特定できない場合もあるでしょう。しかし、北朝鮮は短距離弾道ミサイル発射の写真を公開し、その写真を使用して、韓米をはじめとする国際社会にある種のメッセージを送っています・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・北朝鮮が自らミサイルの正体を明らかにしたのに、大統領府がミサイルを否定する理由は、簡単には浮かばれません。

野党にとって、現政府の対北朝鮮政策を猛攻撃できる口実も与えました。特に自由韓国党は、政府与党を批判するには最高の武器を手に入れました。ファーストトラックで揺れていた政局が、さらに揺れるでしょう。(※大統領府が)このような国内の政治的損失を甘受してでも口を閉じて、なんの得があるというのか、気になります。>

https://news.v.daum.net/v/20190506095100827

 

こんな中、大統領府と同じく公式発言を控えていた与党共に民主党ですが、

ニューシースの「安倍も何も言わないでいるのに。韓国党の対北政策への攻撃は度が過ぎている」という記事によると、首席スポークスマンがこんなことを言いました。

「冷戦時代のイデオロギーはもう捨てろ」「日本の安倍政府すらも今回の件に慎重になっているというのに」。

https://news.v.daum.net/v/20190506164028719

「すらも」の部分が、何とも言えないネタさ(なんだそれ)を編み出しています。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5