漢江で奇形魚が多数発生か

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

先月、漢江(ハンガン)の河口で奇形魚が発見されている、というニュースがありました。

中央日報が報道したものですが、チャンネルAというケーブル放送局が相応の原因を取材しています。

まず、4月10日の記事を紹介します。

<漢江河口一帯で33年目操業中の漁師キム・ホンソク(61)氏は、年間漁獲高の半分以上を上げる春の盛漁期を迎えたものの、最近は仕事が出来ないでいる。キムさんは「フナ・コイ・ボラなど、魚10匹をとれば、1~2匹は、背が曲がったり、エラがなかったり、目が飛び出ている奇形魚だ」と述べた。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

彼は「5年前から、このような現象が本格的に現れ始め、最近は異常症状を示す魚の数が日々増えつつある」と付け加えた・・>

https://news.v.daum.net/v/20190410003140981

この記事では、ソウル市が運営している「水再生センター(下水処理施設の一種)」二ヶ所周辺が怪しい、ということまではわかりましたが、詳しい理由まではわかりませんでした。

 

5月23日のチャンネルAは、この問題を「清酒(日本酒)とマッコリ」に喩えて説明しています。

施設に水が貯まっていて、汚染物質が下(底)に沈んでいる状態なら、その水は清酒みたいに透明で綺麗に見えるでしょう。でも、その水をどこかに放流したりすると、その力で汚染物質が水と混ざって、マッコリみたいになるでしょう。

ソウル市が再生センター内部の、汚染物質が底に沈んでいる状態の水だけを水質検査データとして使用し、センター外部のマッコリ状態の水の水質検査データは「参考用」にするだけだ、というのです。すなわち、汚染物質が底に沈んでいるだけの水を、「基準を満たした」と判断してそのまま漢江に放流している、と。

https://news.v.daum.net/v/20190523202549148

ただ、センター側(ソウル市)は「一切関係ない」としています。

 

そして昨日、中央日報から続報がありました。先月、問題を明らかにし漁民は、その後に原因糾明や対策などは無く、むしろ該当地域の魚のイメージだけが悪くなったとし、問題を明らかにしたのを後悔している、とのことです。

https://news.v.daum.net/v/20190531003455864

 

地域にもよるでしょうが、約20%が奇形魚なら、これはただ事ではありません。

でも、あまりニュースにもならないし、ネットですらさほど話題になりません。

フィリピン大統領が福島産水産物禁輸措置を解除したというニュースは結構話題になり、「お前らだけで好きなだけ食え」というコメントが乱舞していましたが。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+164

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5